FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国びん商連合会、大酒会、Rびんプロジェクト代表引継ぎ式、天神祭ごみゼロ大作戦、田植えスタート、マイクロプラスチック問題、環境記事。

大阪北部地震にて、被災された方々、お見舞い申し上げます。
まだ余震は続き、余震の方が強い場合もありますので、
油断することはできません。
一刻の早い復旧を願っております。

地震当日は、東日本大震災がキッカケでできたLINEが活躍しました。
地震直後のメッセージ送信や、ライン音声電話も繋がり、
防災対策としてラインいいかもしれません。


さて、この時期になるとびん商や、日本酒のイベントなどが増えてきます。

まず、大阪で5/19(土)全国びん商連合会が開かれました。
全国のびん商の方々が大阪に集まり、
全国各地の状況の報告や貴重なお話が聴けたりしました。
また招布も、全国の方々から、興味を持ってくれはりました。
http://www.naruoya.com/KAISHU.html
06.jpg
また、5/27(日)では大阪の酒蔵さんが集まる天満大酒会があり、
大阪の地酒が集まるイベントに、今年も参加させていただきました。
様々な大阪の地酒が飲めたり、日本酒ケーキや日本酒ジェラート、
酒蔵さんが造る地ビールなども、味わえます。
また年々参加者も多くなり、今年も過去最高の入場者を記録したそうで
これからの清酒業界が楽しみです。

また同日に、大阪硝子壜問屋協同組合の第6回定期総会も行われ、
大阪のびん商の状況も伺えました。

6/10(日)田植え祭
Taue.jpg
今年も酒米(山田錦)田植えスタートしました。
去年よりは手際よく稲を植えていく事ができ、
今年植えた酒米のマイお酒も楽しみにしています。
CIMG4564.jpg
16日目で既にこんなに育っています!?


さて、6/8(金)は30年も続いて、以前からお世話になっているリユース瓶を
もっとたくさんの方々に知ってもらい
啓発していこうと言う市民団体のRびんプロジェクトの代表が引退され、
新代表への引継ぎ式が行われました。
RBinHikitugi.jpg
市民、環境の先生、大阪市の環境関連担当の方々、各びん商、生活協同組合など
たくさんの方々が参加された中で、新代表に引き継がれることになりました。

新代表は、Rプロジェクトを通して知り合った以前からの友で、
活動を共にしたり、偶然、環境イベントであったりなどよく知っている方です。

以前から前代表から、指導をされてはり、
楽しく環境を学ぶという事をずっと大切にされ、
大阪のおばちゃんは飴玉でコミュニケーションを取るなど
最初に印象付けたような関東での講義?や不思議な繋がりのお話も聴けたりもしました。
なかなか事業承継、引継ぎが難しい時代の中ですが、
めでたく引き継がれることになりました。

新代表は、天神祭ごみゼロ大作戦の実行委事務局長で
昨年は天神祭りの一部エリアで使い捨て容器をなくし、
何度も洗って使えるリユース食器を導入し
天神祭のゴミを激減させ、見事に成功させた方で、
これからもとても楽しみにしています。
Gomi0.jpg
今年の天神祭りでも既に規模拡大を視野に入れ、
より多いボランティアの募集も行っています。

現在、天神祭ゴミ0ボランティアは7/24(火)7/25(水)
の募集を行っており、25日の20:00-24:00までの
ボランティアが不足しているそうです。

サッカーW杯にて、試合後、必ずゴミがスタンド内に散らばっていたのですが
五輪から、日本人サポーターが試合後、勝ち負けにこだわらず、
ゴミ拾いを始めて、今、世界のサポーターも同じ事を始め、
その環境を良くしていく習慣が広がってきています。
また、オリンピック金メダリストの羽生結弦の10万人が参加するパレードでの
ゴミはほとんど無かったそうです。

日本人は昔からモノを大切にする習慣もあり、
天神祭ごみゼロ大作戦ではリユース食器を使いゴミ自体を0にし、
ゴミ拾いをする以前の環境に良い新しい方法です。

大阪はCO2排出削減でも実は上位ランクで、更に大阪でゴミ減を目指し、
関西から世界へ、是非、挑戦してみるのもいいと思います。
また、ゴミ減量県は長寿県と言うデータもあります^^
天神祭りゴミ0パンフ
寄付も行っておりますので、こちらも是非、協力して頂けたらと思います。
今年は、Rびんプロジェクトの市民団体だけでなく、びん商の関わりも広げ、
いつものお取引先のびん商も天神祭りゴミ0にて活動予定で
非常に楽しみにしています。

天神祭りゴミ0作戦ページ
http://www.tenjin-gomizero.jp/

天神祭ごみゼロ大作戦クラウドファウンディング
https://congrant.com/project/tenjingomizero/370
自分も協力させて頂きました。
活動報告会のご招待や、名前の掲載もあります。


さて、環境記事です。

いよいよ暑くなってきました。
さて、よく見る『気温平年並み』と言う言葉ですが、
実は1981-2010の30年間の平均の気温の事であり、
10年おきに更新され、そのたびに高くなってきているそうです。
気温平年並みは安心できないという事です。
panelimg2018061.jpg
3月でも気温が高く、4月は20地点で平均気温が記録的に高くなりました。
国内CO2濃度が、2017年も最大400ppmを超え、
例年より2週間も早い開花や、コメ栄養減など収穫にも影響しているそうです。
また有馬温泉でCO2濃度上昇で死亡したと言う事件もありました。

世界保健機関(WHO)世界人口の9割が汚染された空気を吸うリスクがあり、
年700万人空気汚染関連死を報告書として提出されました。
世界108国4300以上の都市データのPM2.5や薪、石炭等が影響しているそうです。

また、悲しい事に世界では、気候変動の影響で、長寿アフリカバオバブ
(推定樹齢850年~2500年)が突然、(15本中10本2005年以降)
枯死していると言う記事もありました。
サンランドバオバブと言う木も2016~17の間に大半が枯れ死。
850-2500年の計り知れない歴史を見てきた中、
こんな事が今、まさに起ころうとしています。

また、海では世界最大のサンゴ礁オーストラリアのグレートバリアリーフ
全体の3割が壊滅死、政府&財団で400億円で自然保護するそうです。
国内の沖縄石西礁湖では良好な状態のサンゴは1%と環境省が発表しています。

京都大ではサンゴ礁を白化を抑える物質を発見し、
国際科学誌のマリンバイオテクノロジー電子版に載るそうです。
オーストラリアに沖縄など少しでも良い状態を保てるよう期待したいところです。

森林、樹木によるCO2吸収のグリーンカーボンや
海藻類によるCO2吸収のブルーカーボンも注目したいところです。


さて、今回、記事やTVでマイクロプラスチック問題を
頻繁に見かけるようになりました。
以前にもお話しした通り、マイクロプラスチックは、5mm以下のプラスチック粒子や
1mm以下のプラスチック粒子の事を指し、総合して主に海に流れ出す
細かいプラスチック片とします。
panelimg2018062.jpg
世界全体でプラチックゴミは少なくとも毎年800万t、海に排出とされています。
プラスチックはCO2排出の大半を占める石油が原料で、
有害な物質を取り込むこともあり、燃やせば有害なPCBや、
CO2にしかなりません。
持続可能な循環型製品等に使用には賛成ですが、
これが使い捨てになるところが大問題だと思います。

国連環境計画(UNEP)と日本の海洋研究開発機構(しんかい6500)グループが
レジ袋のような使い捨てプラスチックが汚染が水深1万m超える
マリアナ海溝(1万898m)の場所にも到達していると研究データを発表しました。

また北極の海氷でもマイクロプラスチックが蓄積されている事を
ドイツなどの研究チームが発表し、海水1Lに最大1万2千個もあったとの事です。

世界各地で発生したプラスチックゴミは、海流等で北極に蓄積し、
北極領域の生態系、地球温暖化を加速させます。
主に包装容器などに使われるポリエチレンが多かったと言われています。
韓国やデンマークでもこういった調査は行われましたが
北極では世界最悪レベルに匹敵だそうです。

また、タイ南部で死んだクジラに80枚以上の8kgを超すポリ袋も
胃に入っていたと言う記事もあり、痛ましい記事も多く見ます。
プラスチックを食べた魚は、食物連鎖で、最終的に人間に取り込まれる事にもなります。

また驚いたのは洗顔料や歯磨き粉、ボディーソープにも使われている
マイクロビーズ(極細マイクロプラスチック)は排水処理施設では除去できないそうです。

ほっておけないという事でようやく世界が動き出した感はあります。
EUは2030年までに使い捨てプラ容器やプラ包装、プラストローなど
使い捨てを禁止にするそうです。
各国でもそういった動きが伺えます。

さて、日本政府はどうなのかと言うと、
使い捨てレジ袋、トレー使用抑制など、
使い捨てプラスチックゴミ大幅削減の新戦略をを目指す事になりました。
その名もプラスチック資源循環戦略との事です。

プラスチック問題は海だけではありません。
熊本の湖、淡水域にもマイクロプラスチックが、世界的に見てもかなり多いそうです。
ポリプロピレン製プラスチックスコップのおもちゃを30分使うと、
そこからマイクロプラスチックが確認されたそうですが、
プラスチックの経年劣化や、紫外線の影響で細かくなったら、
マイクロプラスチックになるとなっていましたが、
いとも簡単にマイクロプラスチックを生成することができてしまうんですね。

しかしながら、G7では、米、日本はプラスチック海洋汚染防止の
プラスチック憲章に、非核化署名に続き、また署名しなかったそうです。
日本の大手メーカーもペットボトル等に参入を加速し、これの配慮かもしれませんが、
署名しなかった米、実は米、州、民間が温暖化対策で連邦政府を提訴があったりなど、
環境先進国とも言われています。

州、民間の力で地球温暖化と真剣に向き合って闘っています。
政府が行うような地球温暖化対策カーボン税導入等を除き、
一人一人の民の力にかかっていると思います。

今回の地震は阪神、東日本大震災以降にできた
企業の事業継続計画(BCP)と言う防災計画を
取り入れるところが多くなってきました。
ここには、こう書かれています。
『上司に相談できない状況では、良心に従って判断する』
一人一人の良心や、また地域の繋がりが、本当に大事だと思います。

身近なものから、できる範囲で何か一つでも協力したいと思います。

天神祭ごみゼロ大作戦クラウドファウンディング
https://congrant.com/project/tenjingomizero/370

気になる記事
・衣類など忘れ物JR西日本3ヵ月保管から2週間保管へ、
 返却率衣類19%、タオルハンカチ5%未満(使い捨てに慣れないで)
・マイクロプラスチック問題について日中韓環境相会合開かれる
・パリ協定追加会合9月タイで開催
・ペットボトル5本で1ポイント(関東大手スーパーから開始)
・日本文化再生、懐かし復刻、現代と日本文化の融合、
 シェア、銭湯で繋がり求め、コインリンドリー等
・木の車、自然素材(自然素材からの道具は江戸文化に注目)
・大阪市立大CO2から燃料(ギ酸)バイオ電池
・吉本興業も国連2030目標SDGs目指すラフ&ピース活動開始
・ハーレーも電動化構想
・食品廃棄ネットで減らすフードシェアリングTABETE、
 TABELOOP 月額サービスReduse Go
・大村海岸、ガラスでできた砂浜、観光スポット
スポンサーサイト
プロフィール

Naruoya

Author:Naruoya
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。