FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田植え→稲刈り→上槽祭でのマイお酒完成、パラリンピック、環境記事まとめ。

さて、2018.3/18(日)上槽祭(じょうそうさい)
いよいよ去年の6月から始まった酒米の初田植え、10月の稲刈り、
そして、最後にお酒になる上槽祭(じょうそうさい)へ参加してきました。
マイお酒ができる日なので、とても楽しみにしていました。
瓶納品時にも、時々、写真を撮っていて、酒米の成長ぶりの写真も紹介します。

2017.6/11田植え
20170611.jpg
植える酒米は酒米で有名な山田錦、造ったお酒は
純米大吟醸 富楼那(ふるな)と言うお酒になります。
初めての田植え経験で、田んぼ内はジュクジュクで長靴は必須です。
土で足が捕らわれそうになったりで、カナリ気をつけて、
植えていかないとです。こけている方もおられました。
田んぼ両サイドの人が紐をずらしていって、
その紐の印のある部分に後ろに移動しながら植えていきます。

2017.8/1(火)
20170801.jpg
1ヶ月少しでここまで芽が伸びました。

2017.9/4(月)
20170904.jpg
更に成長、根っこがシッカリ育っている事を伺わされました。
最近根っこの無い花は多いですが。

2017.9/28(木)
20170928.jpg
いよいよ実がなってきました。

2017.10/11(水)
20171011.jpg
稲の重みで垂れてきています。

2017.10/29稲刈り(日)
20171029.jpg
いよいよ稲刈り時に、通常雨天では、この作業はしないのですが、
ある意味貴重な経験です。
根っこ手前を釜でドンドン切っていって、程良い量になれば
ワラを巻き、束ねていきます。
結構重かったです。

束ねた稲は、棒に吊り、雨で倒れたりもしましたが^^;
無事、棒や柵にも吊り、乾燥させます。
どこまでも自然の素材でできる事も関心。

乾燥後は蔵の方々が、機械のコンバインで後ほど削っていき、
米袋に保存されます。

そしていよいよ

2018.3/18(日)上槽祭
20180318.jpg
今回、昨年6月田植えから始まった酒米がお酒になりました。
いよいよ出来上がったお酒を袋に詰める作業です。

お祓いを受けて、蔵内見学し、白いお酒のタンクを混ぜて、
ホースで袋に詰めるのと、そのお酒を入れた酒袋に 紐を結ぶ体験をしました。

酒袋に入れたお酒はタンク上に袋吊りされ、
ポタポタ、タンクに落ちていき、透明度が上がった濾過されたお酒がタンクに溜まっていきます。
雫づくり、雫酒とも言われ、斗瓶囲い(とびんがこい)斗瓶取り(とびんどり)と言われ、
高級マイ日本酒になりました。この工程を上槽と言うそうです。

これだけの時間と手間をかけて造る日本酒は本当に芸術作品ですね。
その時の自然、人の手などなどが色々影響して、日本酒ができます。
そのまま振る舞い酒として戴いて杜氏(とうじ)さんも
香りがイイとおっしゃってはり、本当に香りもとても良く、アルコール少し高い?
飲んでいる時は、今までの田植えからの工程が走馬灯のように
よみがえり、非常に美味しいまろやかなマイお酒になりました。
そして、造ったマイお酒が瓶詰めされ一升瓶と720mlが届き、
香りも凄く良く、含み良し、後味もとてもよかったです。
日本酒が苦手だったり、あまり飲まないと言う方にも
飲んでもらったところ、美味しさに驚かれていました。
まさにアートですね。
是非、とても美味しい日本酒が各地にある事知っていただきたいです。

さて、前回から冬季平昌パラリンピックでは日本のメダルは全10個(金3銀4銅3)の
村岡桃佳選手はメダル五個五種目全てでメダルに感動させられました。
1大会メダル冬季大会男女で五個は最多だそうです。
スノーボード男子バンクドスラローム成田緑夢(ぐりむ)選手は金
ノルディックスキー男子10キロクラシカル新田佳浩(よしひろ)選手は金と
オリンピックに続いて、こちらでも輝かしい結果が残されました。
20180401.jpg
オリンピックのメダリストも、五輪が終わった後も大活躍しています。
スピードスケートのワールドカップで高木美帆選手が総合優勝、
高梨沙羅選手もワールドカップ単独で最多54勝、通算55勝でギネス認定もされました。
また羽生結弦選手のスケート靴が、震災チャリティーで850万1千円で落札されたそうです。
どれだけの人が勇気づけられているのでしょう。
更に文部科学省が、道徳教科書にも
オリンピックやパラリンピックの選手の活躍や、小平奈緒選手と
韓国の李相花(イサンファ)選手の友情や、
イチロー選手や松井秀喜選手なども取り上げられているそうです。
またスポーツ各界10代も活躍しています。
オリンピック、パラリンピック共に北京冬季と東京五輪とありますが、
これも今からとても楽しみです。


環境記事

さて、環境記事です。

世界の化石燃料の消費によって出たCO2は3年ぶりに増え
2017年は、325億tで2016より1.4%増えました。
主な原因は新興国、途上国の車の保有台数が増えた事とされています。
米国、英国、日本、メキシコでは減り、環境対策に積極的な英国では
1960年水準の前年3.8%減ったそうです。

大阪は1953年から観測を始め、2002年と並んで、温かさで最速開花
昨年より10日早く、平年より4日早く開花しましたが
3月観測史上最高の風速27.7mを記録し、風もきつく
すぐに桜が散ってしまったイメージです。

逆に東京は春分の日に雪、交通網が混乱し、
また24時間降雪量は山梨31cm、東京多摩地区では10cm、
また同区では大雪で下山できないニュースもありました。

今春は、全国的に高温だそうです。

世界でも北極付近の夏の気温が2002-2016の間に約2度上昇
凍った氷が溶けると微生物が有機物を分解し、CO2排出し、
温暖化加速とも言われています。

逆に欧州では寒波で、-15℃になり、死者60人が出ました。
交通網も大雪でマヒしました。

また今まではサンゴは高温で死滅するとなっていましたが
紀伊半島サンゴでは、低温で2割死んだそうです。
和歌山沖全6地点中5地点で85-95%死滅
これらは黒潮大蛇行と寒波が影響しているそうです。

高温でも低温でも駄目なのです。
これまで以上に地球異常気象が複雑になっている気がします。

20180402.jpg
さて、日本は経済産業省は再生エネルギーを主力電源&
外交にも活用しようと動き出したようです。

そして国連も、1970年代から報告されているマイクロプラスチック、
いよいよ対策が開始されるそうです。
ペットボトル、レジ袋などプラ製品は世界で1年で3億t生産され、
そのうち、800万tが海に漂っているそうです。
その為、EUや各国でも使い捨て包装容器を廃止する動きが広がってきています。

地中で分化するEVもあるそうで、LCA(ライフサイクルアセスメント)
「始まりから終わりまでの環境負荷」も考えられているのは驚きです。
プラスチック容器や、レジ袋などは、最後の廃棄を考えていないと言えます。
消費者もLCAを考えられる製品チョイスが欠かせないでしょう。

20180403.jpg
リユース市場は7.6兆円とも、言われているそうです。
既にある資源等を使ってエコ貢献するという意味では
16ミリフィルム映画再熱、空き家や古民家再利用、
再使用ロケットJAXAもリユースに当たるのではないでしょうか。

20180404.jpg

気になる記事
・早稲田や東京大学チームが日本に世界消費の数百年分
 1600万tオーバーのレアアースがあると言う記事。

・英ケンブリッジ大教授、スティーブン ホーキング博士、車いす、人工音声装置、
 ALS(筋萎縮(いしゅく)性側索硬化症)76歳死去
 宇宙の法則を追い求める熱意や興奮を人と分かち合いたいと繰り返し述べていた
 2012ロンドンパラリンピックでは人生がどんなに困難であろうと
 成し遂げられることがあると話し、挑戦の大切さを訴えた。
 地球温暖化についても熱心でした。


・非暴力主義を掲げた差別と貧困の無い世界社会実現を訴えた
 マーティンルーサーキング牧師、暗殺50年
 私には夢がある
https://www.youtube.com/watch?v=HqgrHRrssP0

さて、今年も天神祭りゴミ0作戦が行われます。
前回は一部での領域で下が今回は範囲を広げ増員予定です。
現在、ボランティアも募集しておりますので、
是非、見てみて下さい。
http://www.tenjin-gomizero.jp/

こういった民たちが活躍できるそうな活動を積極的に行って
民から日本を変えていきたいですね。
スポンサーサイト
プロフィール

Naruoya

Author:Naruoya
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。