環境記事、2016年国内10大ニュース、和解の力、少子高齢化、COP22報告会、古いが新しい。

さて、2016年もいよいよ今日で最後です。
読売新聞の日本10大ニュースでは以下が上がっています。

1、熊本地震、死者50人
 2度の地震は、実体験もお聞きし恐ろしいものでした。
2、小池百合子都知事、都庁、築地から豊洲移転問題、東京五輪見直し
3、リオ五輪メダル41個日本人史上最高
4、天皇陛下、退位のご意向示唆
5、米大統領広島訪問
6、ノーベル生理学・医学賞に大隅氏
  オートファジーで細胞のリサイクル、
  日本人自然科学分野3年連続受賞で
  自ら山形県の日本酒を持参でストックホルム授賞式へ
  酒の酵母から多くを学ばれました。
7、北海道新幹線が開業
8、相良市施設19人殺害
9、18歳選挙
10、ポケモンGO日本配信

どれも色々激動な一年になりましたが
この中には間に合わなかったかもしれませんが
安倍総理大臣真珠湾訪慰霊し、和解の力を世界に示し、
演説したのも凄く大きなニュースだと思います。
お互いが訪れて理解し合い、抱き合う姿は、世界平和への縮図だと思いました。

アメリカ先住民が使っていたトーキングスティックというものがあるのですが
日本語で言えば発言権棒といった感じでしょうか。
ディスカッション等に使われ、これはそのトーキングスティックと言う棒を
持った者しか発言できず、言いたいことをまず言います。
他の方は口を、はさむことはできません。
全て話したところで、次の相手にトーキングスティックを渡し、
今度はその人が発言権を得て話します。
こうディスカッションしていくうちに、解決策
(第三案、中道とも言う)が見えてくるもので、
和解の力とはそういった事だと思っています。
ある意味、どんな武器よりも強く、人類最高の発明棒なのかもしれません。

さて、最近も異常な気温が続いたりしています。
panelimg1_20161231175250ba7.jpg
12/21日の地点で日本の平均気温、1898年から統計開始以来
平年0.88度上回りました。
世界の年平均気温も平年0.46度上回り、3年連続更新で、
エルニーニョの影響とされています。
逆に東京都心では11月として54年ぶりに早い初雪が観測されたり、
北海道では大雪、5日間でロードサービスの依頼は
昨年の4.4倍で異常な気候が続いています。


猛暑でトラフグ1.7倍、春菊等野菜も卸値過去最高値、
大雨や日照不足が続き、北海道は台風で畑が冠水したりし、
ジャガイモやニンジン2倍のコスト、レタス、キャベツは2~3倍、
カズノコ昨年より2倍、イクラ、レンコン1割高など。
更にそんな中にも関わらず、05年と比べ農家数24%減っています。
また農家の平均年齢15年は67歳で、背景には
日本の少子高齢化問題という環境問題も影響しているのでしょう。


・北京、大気汚染でPM2.5で初赤色警報、車のナンバー。
 奇数偶数かで通行禁止、5日間予定。
・来年は年男ですがトリインフルエンザも流行っています・・・
・阪大で、PM2.5や黄砂でアレルギー促進で症状続くという研究結果。
・温室効果数百~数万倍の代替フロン回収2015は22%進まず。
・環境省、経産省が発表した小型家電のリサイクルは一割。
・世界貿易機関(WTO)エコ製品の関税を撤廃する。
 環境物品協定、各国の対立があり、頓挫の恐れ。
・原油高で食品容器やガソリン、1L6-9円上昇。
・11月上旬比から灯油1L9-10円上昇、
 ポリエチレン、ポリプロピレン、大手メーカー1K18-21円高
 食品容器等にも使われるポリスチレン大手メーカー1k7-10円高。

などなど色々、影響等がありますが、
じょじょに世界でも環境を重視した動きが活発に見えてきました。

・ポルトガルの元首相グテレスが国連事務総長、
 就任宣誓、国連は変わらなければならない。
・メキシコのカンクンでCOP13(生物多様性条約)愛知目標を目指す。
・グーグルは2017を目標に再生エネ100%目標。
・石炭消費、欧米で急減しています。
 国際エネルギー機構(IEA)ではこの15年で欧州と北米を合わせた
 シェアは世界の半分から1/4に減り、天然ガスや、再生エネルギーにシフトされ、
 更にカナダでは2030年までに石炭火力閉鎖。オランダは石炭発電所5基閉鎖、
 フィンランドは石炭起源のエネルギー使用禁止、
 英国は25年までに国内12の石炭火力閉鎖、
 デンマーク、オーストラリアも脱石炭。

更に米国ではトランプ次期大統領助言組織、
大統領戦略政策フォーラムで、Appleのティム・クックCEO、
Oracleのサフラ・カッツCEO、テスラのイーロン・マスクCEO、
Microsoftのサティア・ナデラ氏、Facebookのシェリル・サンドバーグCOO、
Alphabetのラリー・ペイジCEO、Amazon.comのジェフ・ベゾスCEO、
Microsoftのブラッド・スミス上級副社長、ライドシェアの大手
ウーバーテクノロジーのトラビスカラニックCEO、
ペプシコのインドラニューイCEOなどの経済界のトップが
集まった組織を作り上げました。

また、マイクロソフトのビルゲイツ氏と、
次期大統領トランプ氏と巨額投資の約束した
ソフトバンクグループ社長の孫正義が、
有名な投資家や経営者20人がエネルギー分野に特化した
総額10億ドルのベンチャーキャピタル、ブレークスルーエナジーベンチャーズを
ビルゲイツが会長に主任し、ファンドを立ち上げました。
アマゾンやアリババ集団なども出資しています。
今後、どんな展開になるのでしょう。

panelimg2_20161231180745d08.jpg
一方日本ではCOP10で生態系と生物多様性の経済学を報告した
旭硝子財団のブループラネット賞を受賞した国連環境計画(UNEP)親善大使
パパン・シュクデフ氏は、日本人は自然を尊重しているが企業や政府は
自然を見失っている傾向があると言われています。

パリ協定批准遅れ、化石賞受賞、石炭火力促進など、
日本には気候変動に対して政府の積極性が感じられませんでしたが、
企業や個人が動き出し、政府も動いてきているような気もします。

・日本国連加盟60年12/18、世界の大学生、神戸外国語大学で
 模擬国連世界大会で開催された。
・経産省、国内削減を海外へ輸出、星マーク等でホテル省エネ格付け、
 不十分なら罰則。
・環境省はCO2温暖化ガス排出量、速報値14年度比3%減で2年連続CO2減。
・石油を使わない木クズで発熱するペレットストーブが流行っています。
・京大温泉使わず地熱、神戸は超小型水力発電。
・女子高生が熱や干ばつに強いアフリカネリカ米を栽培しアフリカに贈る挑戦。
・神戸、スタバ、近代でコーヒーの豆かすを植物由来の
 固形燃料バイオコークス実証実験共同開始。
・「されど」というブランド名で、奈良の一工場がわたから綿糸を紡ぐ際に
 捨てられていた「落ちわた」を100%使ったリサイクルコットン販売、
 「糸」を「売」るで続けるという漢字で続けていきたいと。
・昭和シェル、人口光合成でCO2からメタンを直接作る技術開発、
 変換効率メタン0.61%、エチレンは0.1%。
・日航は、2020年を目標に古着から航空機燃料、
 また生ごみを使った燃料開発も行っている。
・三井住友海上保険はNASAと提携し、気候変動保険を世界で販売する。
・環境関係展示会のエコプロ2016開催。
・ソーラーフロンティア、曲がる太陽光パネル。
・日立造船、環境、エネ分野でラオス政府と提携。
・環境負荷の少ないバイオ燃料等を活用した発電所の建設や運営。
・トヨタEV本格開発スタート。
・下水汚泥からエネルギー。
・パナ、テスラ提携太陽光。
・北極海、冬観測強化で日本、北米の大雪、寒波、予測精度UP。
・アサヒ東欧のビール事業買収。
・地方自治体も遊休資産を活用する空き時間ビジネス、
 シェアリングエコノミーが流行っていて、家事のお手伝い、
 子育て、講師やデザイナーなどの空き時間に派遣し、
 市民や企業セミナー講師の募集まで行っています。
・空き駐車場や会議室、スペース等の提供も行われ
 国交省やパーク24は公道にも国内初のカーシェア拠点、
 (一人乗り電気自動車)、フランス、パリでは
 既に4000台のカーシェア拠点あるそうです。
 またレジャーにも二輪、ゴルフ用品、登山用品までもレンタルされ、
 これも一種のエコ活用ですね。
・スウェーデン、デンマークから生まれたコレクティブハウス、
 元総社コモンズ、多機能公社賃貸住宅と言う血の繋がっていない
 住人がまるで大家族のように、共有スペース等で一緒に
 夕食や家事がおこなわれてたりもするそうです。
・大衆酒場にも若者や女性が集まり、孤立していく社会の中、
 提携など世間と何か繋がりを求めているような、そんな動きがあります。

さて、食の部分で少し話したことなのですが
気候問題以外にも日本には少子高齢化という環境問題もあります。
2016年に生まれた子供が、ついに100万人割れで10年連続減です。

一つご紹介しておきたい記事です。
鹿児島徳之島の南にある、伊仙町、人口6900人、
出生率2.8で全国一位、また100歳以上の人口も全国上位で、
子育て&長寿を両立している町があります。
どうしてそんな事ができているのか。

2012年、年5千~36万円支給されていた敬老年金の廃止、
対象者をグッと絞った敬老祝い金にし、
浮いたお金は子育て支援に回すという方法を取っています。
発案者は70歳代の浜口エイ子さん、町にお金がないなら、
私たちのお金はいい、孫たちに使ってほしい、敬老祝い金に衣替えをした
数か月後に病気でに亡くなられましたが、相当な信頼されてた方なのでしょう。

この町の文化では「子は宝」、小学校の入学祝いでは1人の子どもの為に
住人100人が駆けつけ、学校の運動会では自分の子や孫が
居なくても近所の大人が応援に来る。
その町の保育園に、この記事の記者40代の方が訪れてみると
4~5人の子供が無垢な笑顔を見せながら「遊ぼう!」と駆け寄ってきたそうです。
子どもも大人を信用している、そんな空気を感じたそうです。
全国でこういった和を是非広げていきたいですね。

子ども食堂も定着していき、大阪市では子ども食堂で、
学生派遣し、学習支援をしたりなども行われていています。
18歳選挙も始まりましたので、ドンドン子供も若者も増やせる環境を、
作っていきたいですね。

さて、資源新報と言う業界新聞にて、現在、行っている
「回収の和をひろげよう!」の紹介をしていただきました。
http://www.naruoya.com/KAISHU.html
これを少しのキッカケでもいいので孤立していく社会の中、
こういった人との和、輪、環、話「おおきに!ありがとう!ごちそうさま!」を
ドンドン広げて行けたらと思います。
2_20161231180909077.jpg
現在は、新しいものが増えすぎて、今一度、環境の事も考え、
昔も思い出し、その中で総合的に本当にイイモノを見つけていく、
そんな時代が到来してきている成熟の時代になっていっていくようにも思います。
古いが新しいとは、そういう事のような気もします。


さて、前回のブログでお伝えしたようにCOP22に参加された方、
高村ゆかり氏や著名人の方々の報告会やセミナーが
エル大阪であり、行って来ました。
1_2016123117543793e.jpg
知り合いの環境系活動の方々もたくさん参加され、
実際にCOP22で話されたことなど、細かな説明等もしていただいて
とても貴重なセミナーを受けることができました。
質問コーナーなどもあり、こちらもセミナー終了後、色々お話させていただきました。
この記事でもご紹介しているように、再生エネルギーへの変換スピードも早く
今まさに地球と人類共生の世界を目指して社会の環境活動が活発です。
この波に乗り、2017年も色々活動していきたいと思います。

それでは良いお年をお迎えください^^
スポンサーサイト
プロフィール

Naruoya

Author:Naruoya
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード