環境記事、イベント二次会でゴミ分別エコ知識3R、かしわら環境セミナー、大阪びんリユース推進協議会総会2016、10代選挙、ワンウェイびんリユースびん化。

米海洋大気局(NOAA)は地上観測地点の排出源から最も遠く
CO2の影響のないはずの最後の砦である南極がついにCO2濃度、
400PPMを越え危険水準に達しました。
全世界観測地点で400PPMになったという事です。
panelimg_20160630212841734.jpg
それに続き、日本は、国内全3地点で、400PPMを初めて越え、
危険領域に達しました。更に去年と比べ大幅に加速しています。
パリ協定の上限値は420PPMで、このまま続けば10年で
420PPMに到達してしまいます。

その影響か18日、大阪枚方で33.6℃、京都では33.5℃、
他141地点で30度以上の真夏日になり、
更に群馬県館林では、35.1℃、埼玉県鳩山町では35.2℃の、
35℃を越える猛暑日になり、熱中症で39人が病院に搬送されました。

そして、前回のインドの熱波51℃の次は、アメリカカリフォルニア州
デスバレー52℃です。恐ろしい限りです。
次々に世界の最高気温が更新されています。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/morisayaka/20160621-00059080/

昨年の世界平均気温は史上最高の14.76℃でこのままなら、
今年もほぼ確実に更新するとされています。

また異常気象も続き、九州では豪雨があり、奄美は平年11日より早い梅雨明け、
19日は鹿児島鹿屋市(かのやし)24時間雨量は251mmで、
熊本県山江村231.5mmで2人が死亡、降り始め~21日午前6時、総雨量344mm。
その後も、南阿蘇村では1800世帯4400人避難指示、
降り始め~21日午前6時、総雨量424.5mm。
益城町では34000人に避難勧告。

熊本は地震の影響で地盤が弱くなるなどで、土砂崩れが起き6人が死亡しました。
甲佐町1時間140mm、全国観測史上4番目タイの記録。
宮崎県1時間120mmの雨が降り、宮崎県えびの市、
降り始め~21日午前6時、総雨量537.5mm。
記録的短時間大雨情報を連続して発表されました。
また愛媛県でも20か所以上のがけ崩れがありました。

相次ぐ集中豪雨は日本だけではありません。

米南部、ウエストバージニア州では大規模な洪水が起き非常事態宣言。
住宅100戸以上、高速道路、橋、木々、電線もなぎ倒され、数万戸が停電。

パリのセーヌ川が大雨で洪水3人死亡、また増水し、
あのルーブル美術館が休館、また美術館の地下倉庫にある展示物50万点中、
25万点は全て地上階に移されました。
あのルーブル美術館でこんな事が起きています。

他にも
北極:海氷の減少(暗色化)
北米:森林火災、猛暑による死亡者の増加
欧州:アルプス氷河の後退、森林火災
アジア:台風などによる河川氾濫、干ばつによる水、食糧不足
島嶼国(とうしょこく):海面上昇による水没(国が消滅します)、サンゴの白化
アフリカ:乾燥地帯で干ばつ、病虫害
中南米:蚊が媒介する感染症範囲拡大、干ばつによる食糧不足
豪州:サンゴ礁の白化
南極:植物増加、暗色化で氷溶解加速
などなど・・・

豪州では、オーストラリア、グレートバリアリーフ、世界最大のサンゴ礁で
これまでで最大規模の白化が起き、年夏以降もハワイ、パラオ、メキシコ湾、カリブ海、
広域に影響が出る大規模の白化が懸念され生態系が脅かされています。

こんな事が今、世界中で起き続けています。
それでも立ち止まる事はなく、戦争や環境破壊は続けるのでしょうか。
それどころじゃ全くありません。

2014年から続いたエルニーニョ現象は過去最長の8シーズン続き、
春に終息しますが、今夏7月~9月もラニーニャ現象、猛暑チベット高気圧も重なり
結局はエルニーニョもラニーニャ現象も夏は猛暑の見込みです。
ラニーニャ現象、エルニーニョ現象と自然現象のように言いますが、
人間活動による地球温暖化の事ではないのでしょうか。

さて、そんな中でも色々、環境貢献する取り組みが観られます。
2つ紹介します。

関空では傘が年間3300本~4700本、捨てられたり、置き忘れたりされるのですが
その傘を関空ターミナルの各6か所にリユース傘と言うのが設置され
ご自由にお使いくださいという事です。
なんと返却も不要だそうですが、できれば回収してほしいですね^^
国際フロアにもある為、世界中にリユースという言葉が広がっていけばいいですね。
自販機にもリユース傘が設置され、こちらはちゃんと返却する取り組みもあるみたいです。

あとオリンピックのリオ五輪メダルは水銀を一切使わない金メダルになったそうです。
銀メダルと銅メダルは30%再生素材を使っているそうです。
自分的には金メダルより再生素材が使われている銀銅メダルが欲しいです^^

さて、今月の主な活動です。

2016.6/11(土)
毎年、子供虐待防止運動のオレンジリボン募金活動の
マイケルジャクソン道頓堀トリビュートを行いました。
1_20160630212916573.jpg
今年も大盛況で、こういった活動がドンドン広がって行けばいいなと思います。
その後に行った二次会は自分が担当させていただきました。
今年も、誰でもわかるエコ知識3R説明の紙の掲示を行い、
ゴミではない資源は7種類に分別してもらい、びんは当社でリサイクル業者へ引き渡しました。
MJ関西
(マイケルジャクソン関西、大阪、京都、奈良、神戸総合コミュサイト)
http://www.mj-kansai.com/

こちらが掲示した紙です。
2_20160630212942cba.jpg
3Rとは、リデュース(発生抑制)、リユース(繰り返し使用)、リサイクル(再資源化)
環境に優しい順と掲示しました。
古着屋等はリサイクルではなくリユースショップです^^

2016.6/14(火)
かしわら環境セミナー@OKU(大阪教育大学)
4.jpg
3_20160630213043a24.jpg
リユースびん促進の先駆け市民チームのRびんプロジェクトの方が主催され
市長、教育大教授、リユースカップなどを手がける代表の方、
自給自足の方など、官や民、講師も大変環境活動に熱心な方々ばかりで
とても内容の濃い環境セミナーでした。学食も大変久しぶりでした^^

2016.6/28(火)
大阪びんリユース推進協議会2016年総会
大阪リユースびん推進協議会
関東のガラスびん3R促進協議会の方、リユース箱の新日本流通さん、
ガラスびん回収問屋、物流、リサイクル業者、ほとんどリユースびんを使用されている
能勢ミネラルウォーターさん、国からみどり公社さん、ゴミ減量推進の方や、市民団体など、
環境関係の方々が集まり、大阪のリユースびんに入ったお茶の「茶々」を交えながら、総会が行われました。
また全国びん商連合会会長の地球温暖化と容リ法について、とても内容の濃い具体的な講演もお聴きさせていただきました。
懇親会でも色々な環境関係の方々とお話ができ、大変貴重なお時間をいただきました。
ご参加させていただきありがとうございました。
コーラーの広告のように、改めてびんで飲むのってカッコイイですね^^
流行らしたいと思います!


さて、18歳19歳が有権者に加わり、選挙に参加できるようになりました。
有権者の全体の2%ほどにしかなりませんが、どういう結果になるのか楽しみにしています。

本当に将来の日本や今の子ども達や若者の事を考えるのなら
今の応急処置的な経済より、まず皆の船である将来の地球、
環境問題を考えるべきだと思います。
世界中が共通する目標です。
だからと言って環境問題を題材にするのではなく、
数か月後、半年後、1年後、2年後、数十年後などはこうなるなど
細かなビジョンを誰にでもわかるようにちゃんと提示してほしいです。
それがうまくいかなければ落選するだけ、うまくいけば再入選、選挙はこれだけの話です。
少子化対策も是非していただきたいです。

被災地で頑張っている方々もおられる中、
最近はギャップのある信じられないニュースなどがあまりにも多いです・・・
このままで行くや、ただ、いい生活にするなど、以前も言いましたが沈みゆく船の上(地球、環境)では何をしてもダメなのです。
本当にリアルな将来のビジョンを持っているのであれば
環境問題は避けては通れない世界の課題です。
そして、18歳19歳の政治家への質問は素晴らしいです。
また、こどもサミットや、こども会議など、とても活発的で、
期待しているところがあり結果を楽しみにしています。

最後に現在のよく使われているワンウェイびんを調べてまとめ、その瓶をリユースびん化する取り組みを始めました。
資源が枯渇していく中、リユースと言う言葉はますますこれから重要になってきます。
環境と経済を両立させる持続可能な循環型社会を目指し、引き続き頑張っていきたいと思います。
2R.jpg
http://www.naruoya.com/GlassBottleInnovation.html
スポンサーサイト
プロフィール

Naruoya

Author:Naruoya
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード