環境記事、生態系の異常。招布(まねぎ)で回収の和を広げる。

世界気象機関(WMO)と言う機関から
世界平均気温、観測史上最高の14.76℃と発表されました。

また、世界保健機関(WHO)
不健康な環境による環境汚染死者推定1260万人となり、
これは全死者の23%に当たり、
大気汚染、不衛生な水、紫外線、化学物質汚染、地球温暖化、PM2.5などに加え、
ジカ熱、デング熱が死者数を加速させています。
201603.jpg
また、グリーンランドでは温暖化の影響で氷が溶け、
氷河地震と言うものが起きているそうです。
過去15年間でマグネチュード4以上の氷河地震は2010年以降加速し続けています。

さて、日本では急に寒くなったり、急に温かくなったりの気候が続いています。
12月-2月の気温も平年より1度以上高く、暖冬傾向にあるそうです。
これらの異常気象の影響で、今月は生態系や、身近な食や生活に大きな影響を
与えている新聞記事をよく目にしました。

寒ブリ最大水揚げ量を誇る富山県が収穫量が昨季と比べ10分の1に
獲れたとしても小ぶりな寒ブリしか獲れず、
また不漁で、ウナギ稚魚が既に3割高になり、今年もウナギは価格が高騰しそうです。

自然環境にデリケートな、流氷の天使と言われるクリオネ、
北海道で水族館などの展示用などに毎年流氷接岸の時期に採取されているのですが、
今年は流氷接岸が平年より20日、昨年より34日遅れ、
この1カ月でクリオネがいなくなるかもしれないと言う可能性もあります。

また、果物や、野菜は天候不良等で3割減少し、不作で価格高騰、
東京中央卸売市場では、野菜は過去3番目に高く、果物は平均卸値過去最高に。
卒業式や彼岸の時期に洋花、菊、バラなども卸値1-2割高など。
まさにあるべきものがあるべき時に出てこない異常事態です。

これらの不作は日本だけではありません。
氷山の一角にすぎないと思いますがカリフォルニア州のかんきつ類、
ブロッコリーは長引く干ばつで対日輸出が減少し、
中国産玉ねぎは雪害で値上がり、韓国も干ばつで中国産の野菜が
日本と韓国で取り合いになったりなど。

例えば今すぐに温暖化が解決したとしても、
こういった生態系ははたして戻るのでしょうか。

他にもインドネシア近海で熱帯で生息するヒトデが日本近海で初確認されたり、
海に続き、琵琶湖でも、マイクロプラスチックが、初確認されたりなど・・・

そんな中でも、パリ採択からの世界の動きが観られます。
ノルウェーが低炭素社会に動いたり、中国では、違法19万社摘発し、
環境保護に26兆円をかけるそうです。

よくCOPでは発展途上国は環境問題解決に不利と言われ、
先進国と敵対した行動が見受けられますが、
逆に環境整備がしやすいところもあると思います。
途上国だからこそ本当に地球にやさしい環境モデル国
と言うのができるかもしれません。

また、化石燃料会社への投資が中止されたり、
資源の大切さが伝わってきているようにも感じます。

ほとんどの素材は、分別すれば資源化し、リサイクルできますので、
ゴミと言うものはほぼ存在しないと思います。
もしゴミがあるとするなら人間が処理できる技術が確立されていない毒物や、
10万年以上の管理が必要な高レベル放射性廃棄物、核のゴミ位だと思います。

日本でも、色々な環境対策が打ち出されていきます。
日本政府は2050年に温暖化ガス80%削減目標を掲げ、
2030年までに家庭温室ガス4割削減など、
また、環境イノベーション戦略でバイオマス、地熱発電、次世代太陽電池、
CO2地下貯留など、税優遇や支援していくそうです。

また、温暖化対策では広域、自治体共同計画が可能になり、
モデル地域が一つでも見つかれば、一気に広域に環境に優しいインフラを
整える事が出来るかもしれません。

環境と経済を両立させるには、何が必要か
考えたところ、持続可能な循環型社会こそが、
環境と経済を両立させる第3案に当たる唯一の方法だと思います。

そして、使い捨てが多くなっていく時代、
リユースできるはずの容器がゴミ収集場に置かれている現状をたくさん見てきました。
資源を枯渇させないためにも、
まずは身近な所からインフラを整備しなければならないと思い、
リユースびん回収を促進する為、以下のような招布(まねぎ)を作成しました。
MANEGI.jpg
これらをどんどん広げていって、使ったモノは捨てずに、
ちゃんと大切にして、『ありがとう』を込めて返す事を
習慣づける事ができたらと思っています。

まずモノを大切にする事を習慣づけ、回収の和が広がっていけたらと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

Naruoya

Author:Naruoya
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード