日本酒の日、10/1酉年、燗酒劇場、わろてんか、天王寺区民祭り2017、環境記事、招布(まねぎ)広がり。

さて、10/1(日)は日本酒の日でした。
また12年に一度の貴重な日本酒の日の年でもあります。

十二支は今は動物ですが昔は酉年の酉は
酒のツボから形どったのが酉と言う漢字でした。
元々、干支は一年の1月~12月を表す記号で、
その10番目にあたるのは酉で、10/1が日本酒の日となりました。

また、今年は10番目の酉年でもあり、
12年に一度の10/1かつ酉年の日本酒の日になります。
https://kampai-sake.jp/main/index/
NihonshuDay.jpg
記念の日には、全国一斉日本酒で乾杯!2017の
イベントの大阪府酒造組合と奈良県酒造組合のイベントに行ってハシゴしてきました^^
まずは大阪の船場センタービル地下でチケットを購入し、酒蔵さんと各飲食店が組み、
蔵元さんのお酒と、そのお酒に合う食を各飲食店で戴けます。
飲食店と酒蔵さんとのコラボで、スゴク日本酒に合う料理を食べ飲む事ができ、
とても美味しく楽しめました。
真昼間の居酒屋にたくさんの方々が来られていました。

続いて、そのまま奈良にも行き、奈良県酒造組合の酒蔵さんが集まる
イベントにも行き、お取引先のブースなどで、たくさんの酒蔵さんのお酒をいただく事ができました。

また、9/3(日)には、燗酒(かんざけ)劇場と言う
純米酒や純米燗酒をもっと広げようと活動されている酒蔵さんが集まる
関西末広会によるイベントも太閤園で行われ、親戚と行って参りました。
Kanzake.jpg
なかなか手に入りにくい、熟成酒や珍しい日本酒を、燗などで飲み放題で楽しむことができ、
親戚が抽選でお酒が当ったり、蔵元さんの普段見られない姿も見る事ができ、
こちらも大変楽しむことができました^^

9/10(日)は天王寺区民祭りにて、リユース瓶の啓発ブース
使い捨て容器には無い、返却時のありがとう!おおきに!ご馳走様!は
本当に気持ちのいいものです。
Tennouji.jpg
びんのレトロ感やデポジット付きの返却の新鮮さがウケているのか、
子どもたちにも大人気でした。
大切に両手でシッカリ持ってラッパ飲みする所がまたカワイイですね^^


さて、今秋から始まるNHK連続ドラマ小説、
朝ドラで「わろんてんか」がスタートしました。
Warotenka.jpg
吉本興業を創設した吉本せいさんにまつわるお話が始まったのですが
こちらも、マッサンに続いて、一部のびんで、当社からの瓶が使用されます。
これからの朝ドラから全国へ笑顔、スマイルがドンドン広がっていったらいいですね。


環境記事

さて、南極海表面積79年以来最小、3年で日本の5.5倍消失してしまいました。
また異常気象も更に増え、日本列島を沿うような経路の異常な台風が発生したり、
大分で台風18号により川が氾濫し、60代の方は道路が川のようになり、
車まで流れていて、こんな経験は初めてとの事です。
panelimg1_20171002205825d07.jpg
奈良、和歌山にも猛烈な雨、1時間に120mmの雨が降り避難勧告、
一部停電で、また鉄道にも影響が出ました。
奈良県大和高田市では高架下の道路が冠水し、車も沈没していました。

更に喜界島、屋久島でも50年に1度といったような大雨が降りました。
異常気象の影響は天候だけではありません。

石西礁湖に続き、小笠原諸島、奄美郡島、喜界島でも
二酸化炭素が増え、海への吸収率が多くなり、海が酸性化し
耐酸性のハマサンゴも骨格形成に悪影響が出ているそうです。
また、辺野古埋め立て予定地にに希少サンゴ発見されましたが
どちらが優先されるのでしょうか。

また漁業にも影響が出ています。
秋の旬のサンマ不漁で、卸値2倍なのに小ぶり。

またゴミ問題では京大チームは東京湾、大阪湾、琵琶湖、女川湾、
敦賀湾と三重県の湾から197匹の魚を採取した結果、4割に当たる74匹からの
マイクロプラスチックが合計140個がイワシから見つかったそうです。
イワシは大きな魚が食べ、その大きな魚はどなたが食べるのでしょうか?
人間への影響はまだ不透明です。
panelimg2_201710022058349c9.jpg
またアメリカでは米南部を襲ったハリケーンハービーに続き、
カリブ諸島に、大型ハリケーン マリアが発生し17人死亡。
続いて超大型ハリケーン イルマ(カテゴリー5(最大))では
住人1800人は近くの別の島に避難しましたが、ハリケーン通過後
島内にある建物は95%激しい被害で破壊されました。
国連で俳優ロバートデニーロさんも支援を訴えています。

またフロリダでもイルマの被害は640万人に避難命令され
予想よりは大きくならなかったものの大雨や強風で道路が冠水し4人死亡しました。
そんな被害からか、米パリ協定離脱回避の可能性も出てきました。

さて、今年度中に日本からの気候変動観測衛星JAXAのしきさいが
植物や海のプランクトンの分布を調べ、温暖化ガスの
吸収量を計測する為に打ち上げられます。

また、少し歩調があっていなかった環境省と経産省でしたが、
今回、いよいよノンフロン代替向け、力を合わせ法規制に乗り出します。


さて、企画した旗、招布(まねぎ)が、関西でも、
まだ全然少ないですが少しづつ広がってきてくれています。
回収マップ2017.10
使い捨て容器が多い中、返却し、リユースされるはずの一升瓶の
約8割は通常の酒販店に返却されずゴミとして捨てられています。
2_201710051735162af.jpg
(写真は真野酒店様から戴きました、ご協力ありがとうございます。)

是非、他店購入の方も、回収を行っている酒販店に立ち寄っていただき、
返却時のおおきに!ありがとう!ご馳走様!を持続可能な社会、
三方良しと共に取り戻していって欲しいと思います。
孤立、分断していく世の中ですが、
日本酒で乾杯の日の酒蔵さんと飲食店のコラボや
関西から朝ドラの「わろてんか」も始まり、
おおきに!ありがとう!ご馳走様の笑顔と一緒に関西人情なども
復活していってほしいですね^^

回収の和
http://www.naruoya.com/KAISHU.html

株式会社 成尾屋
http://www.naruoya.com/
スポンサーサイト

環境記事、パリ協定、代替フロン削減規制、気候変動に被災、ビーチマネー、リサイクル五輪メダル、30-10運動、フランス使い捨て容器禁止の法律、大壜で招布、リユースびんマーク決定。

さて、パリ協定、EUも一気に一括批准されました。
既に全80か国以上がパリ協定CO2削減目標を批准されましたが
日本は結局、11/7までの批准予定になりました。
正式には10/19までに国会承認する必要がありましたが間に合わず
モロッコCOP22期間内に行われる第一回CMA1会議の発言権がなく、
日本抜きで議論が進められる可能性があります。
出だしは大失敗という事です。

またパリ協定採択に続き、世界中から注目される国連決議採択もあり、
核兵器禁止条約に世界唯一の被爆国、日本の担当は反対票を投じました。
あの広島平和宣言はなんだったのでしょうか。
この判断は、国民の立場に立った判断とは全く思えません。
そんな中、インドは非暴力、非服従の独立の父、
マハトマ ガンジーの生誕記念日にパリ協定を批准されました。
2016101.jpg
世界温暖化ガス濃度が2015年、400PPMを越え、
上昇幅も平均以上になりました。
各国では車のナンバーの偶数か奇数かで通行規制、
通行料徴収、国が自動車販売を抑制、公共交通機関整備などが
現実に起きています。

18世紀半ばと比べるとCo2濃度は1.4倍に増加、またメタン2.5倍
(CO2の10倍温室効果)、一酸化二窒素1.5倍(CO2の100倍温室効果)、
更に代替フロン(CO2の数百~1万倍強く温室効果)のHFCも気になる所です。
最新代替フロンHFC R32は従来より温室効果は1/3と言われますが
それでも二酸化炭素の675倍です。
Tem.jpg
今月、アフリカのルアンダで代替フロンについて話し合う
モントリオール議定書が行われ、日本の先進国は2011~2013の生産量を基準として
2036年までに85%を削減するという事が決まりました。
他にも中国、南米、アフリカなどは2024年規制開始、
基準年2020~2022から2045に80%削減。
インド、パキスタン、中東、湾岸諸国などは2028年規制開始、
基準年2024~2026から2047に85%削減。
しかし規制開始が遅く感じ、十分な温暖化対策とは思えないと思います。
温暖化は最新代替フロンのHFCに大きな原因があるような気もします。

2016102.jpg
温暖化で、台風も短期間で14個発生し、そのうち10個が日本に襲来。
世界では今月、ハイチ、ハリケーンマシュー襲来で6万人以上が避難し、
死者1000人を越え、更にコレラの感染が広がって行っています。
また、国内では10月も真夏日が続いたり、
ジカ熱、デング熱を媒介するヒトスジシマカが
本州、青森まで急速に生息域範囲拡大しているそうです。
また、夏が高温すぎたため、西日本は花粉が最大で1.5倍発生するそうです。
他にも平年より26日遅い富士山初雪化粧、
例年より1週間遅い大台ヶ原の色づきなど、異常が続いています。

国際連合は2030年までに飢餓を0にする目標もあるのですが、
気候変動では世界中で高温、干ばつ、洪水など
農林水産物の収量減で食糧も不足、高騰という悪循環を促します。
食欲の秋と言われる中、日本でも不漁、猛暑、台風などでサンマが2倍、
栗が1割高など、現実的に温暖化に対応した農産物も考えられていますが
まず予防の方が最優先だと思っています。
衣食住すべてに影響します。

また次期国連総長は、難民問題にも積極的に行動されている
ポルトガル元首相のグテレス次期国連総長が任命されました。
環境問題にも是非関わっていただきたいです。

それらの環境問題に加え、阿蘇山噴火、鳥取地震では余震が256回以上あり、
今でも470人が避難生活を送っています。
鳥取地震で未知の断層など、この地点で日本は全く原発に向いていません。
阿蘇山は噴煙1万1000mあり、300km先も降灰しました。
阿蘇山は過去には超巨大噴火の痕跡があり、火砕流は山口県や愛媛県にも到達し、
北海道にも火山灰が10cm以上積もったという情報もあります。

そんな中でも、環境活動もよく見られます。
・地球環境の保全に貢献した方を表彰するKYOTO地球環境の殿堂
 元ウルグアイ大統領のホセムヒカ氏も受賞されました。
 来年の2/11京都にて表彰式があるので是非また来日してほしいですね。
・岡山の環境団体が、持続可能な開発のための教育でユネスコ賞。
・子ども達に出前授業や移動水族館など河川の環境を大切にする
 環境保全活動も広がってくる。
・大阪府立大(堺市)が、学生の視点による環境報告書を発行し、
 そこには学園祭でのリユース食器なども取り上げられました。
・都が環境債発行。
・0円物々交換アプリ。
・徳島県で脱炭素条例成立。
・福島県、新潟県、群馬県に跨る尾瀬の湿原の大規模自然生態系調査の開始。
・茨木県つくば市研究チームが石炭から天然ガス作る菌を発見など。

また、目に止まる面白い記事が4つありました。

1つ目は、浜辺に落ちているガラス片3cm以上を通貨(ビーチマネー)とし、
全国140店の加盟店の割引ができるそうです。
茶30円、水色50円、二色以上200円値引きなどされていて、
非常にユニークな発想で、是非、弊社のカレットにも、対応してほしいですね^^

2つ目は、学生、回収業者、自治体が組んで、廃棄する携帯電話等を集めて
金属回収し、TOKYO 2020五輪メダルを作ろうという
素晴らしい取り組みも始まるそうです。
リオ五輪でも一部リサイクルメダルでしたが100%はなく、
まさに日本のモッタイナイ精神が詰まった
エコ金銀銅メダル、是非実現してほしいです。
こういった持続可能、リユースを前面に出し
日本の五輪に本当の意味のもったいないは必要でしょう。

3つ目は、食品廃棄を減らすという取り組みです。
全国245自治体が福井県に拠点を置き、
30-10運動というのも行われています。
この30-10運動とは、宴会スタート着席し30分食を楽しみ、
終了の10分前にも着席し食の時間を作るという活動です。

4つ目は、フランスが通常のプラスチックの使い捨て容器を
2020年に禁止する法律が施工されます。
思いきった法律で、もしこれが実現すれば持続可能な
リユース社会が更に広まるでしょう。

企業では、
・スマホやPCから簡単に注文できるプロがコーディーネートしてくれる
 レンタル衣装、レンタルアクセサリーやバッグ、ブランド品、クリーニング不要。
・シェアリングエコノミー(共有)民泊などが盛ん。(エコですね)
・日経地球環境技術賞では、水を使わない古紙再生装置や、
 セメントCO2削減など大手企業が名をあげました。
・火力発電所等の排出二酸化炭素で鶏のエサの
 メチオニン(アミノ酸)という添加物にする事業に乗り出す。
・日本環境技術を米ファンドと輸出。
・JR東日本は2013年度比で30年には4割削減目標。
・リチウムイオン電池の代替で安易入手格安マグネシウムで実用化。
・紙やダンボール家具。
・無印良品は、見た目の悪い農産物や食品等を安く売るムジマルシェを展開します。
・米国で食品ロスは40%、こちらでもクレイジーな形などポジティブに捉えた
 格安食品の販売で新興企業も頑張っています。

また日経主催の国際シンポジウムにて持続可能社会が議論されました。
以前も書いてた通り、これからは売り手良し、買い手良し、世間良しの
近江商人の三方よしが必要とされます。
リユース、もったいない市場が広がっていくでしょう。

さて10月1日は色々な記念日がありますが、日本酒の日でもあり、
全国で同じ時間に一斉に乾杯するというイベントに参加しました。
Kanpai2016.jpg
各参加酒蔵さんのお酒を一斉に味わう事ができ、とても満足なイベントでした。
抽選会などもあり、お酒もたくさん当たりました^^

今月、大阪硝子壜問屋協同組合の理事会にて、
以前ご紹介した一升瓶回収促進のための招布(まねぎ)を
組合が出していただけることになり、大変感謝しております。
現在50枚ありますのでどんどん広げていけたらなと思います。
また、サンプルとしても送らせていただきます。
DaiRiji.jpg
また、リユースびんマークも、びんリユース推進全国協議会から
各デザインが承認され、近々広報していき、
一升瓶のラベル等に表示されていく事になります。

これにも売り手良し、買い手良し、世間良しの三方よしが
すべて揃っていないとできない事ですので、酒造、飲料メーカー、
酒販店、消費者、環境団体など、ご協力が不可欠ですので
持続可能な循環型社会へ向けて、是非協力していただければと思います。

回収の和
http://www.naruoya.com/KAISHU.html

環境記事、びんの回収拠点。

さて、今月の記事です。
nega_20140730162021ffb.jpg
色々、紹介したい記事もあるのですが
今回は去年8月にできたばかりの特別警報が1か月後、去年9月に初発令され、
まだ一年もたっていない今年7月にもまた発令されました。

2013年9月で書いた記事の予想が当たりましたね。
http://naruoya.blog90.fc2.com/blog-date-201309.html
特別警報とは、この記事にも書いてある通り、
50年、数十年に一度といったような重大な災害の危険性のある時にだけ発令される警報です。

まだ記憶に新しい京都嵐山渡月橋付近洪水被害、現在、
市民一丸になって現場は回復してきているそうですが
去年と同じ台風の特別警報が今年は沖縄で発令されてしまいました。
明らかに異常気象と言えると思います。

そんな状況が続く中か、いよいよ環境対応へ本格的に
動き出してきたような記事が今月はたくさん見かけました。
poji_20140730162059931.jpg
驚いた事に今まではネガティブ記事が多かったものの、
今月はポジティブ記事の方が多くなりました。

リデュース(発生抑制)、リユース(再利用)、環境対策、環境技術革新、
ゴミ拾いの動きなど、いよいよ、そういった方向へ、一般も、会社問わず、
動き出しているような気がします。

そして、市民も、さあ環境活動をしよう!という時に
弊社が少しでも協力してもらえるよう、奈良の当麻(たいま)の倉庫で
せめて付近の方々でも協力してもらえるよう、一升瓶の回収拠点を作りました。
kaisyu.jpg
現在、奈良の自治体から一升瓶(リユースびん)の回収を行っていて、
こういった環境活動も、自治体、一般にも広く知っていただき、
全員で環境問題を分かち合っていけたらなと思います。

環境記事、二次会場でのゴミ分別。

さて、今月の環境記事です。
Kiji1_20140628193250f12.jpg
今年の夏の予報が冷夏になると予想され、少しホッとした時もありましたが、
また一転、平年並みの暑さになるとなっています。
二転三転変わり、何か掴みにくい気候ですね。

そんな中、東京ではこの前、雹(ひょう)が積もりましたね。
映像も観ましたが、この季節に、目を疑うような光景でした。

これが環境問題と関係あるのかはわかりませんが
異常気象が起こった事の事実は認めるしかないですね。

さてポジティブなニュースです。
kiji2_20140628194243d78.jpg
ゴミ収集コミュニティーで社会貢献、中古品が大事に使われ、
日本人本来の、モノを大切に使うという心が
この環境問題を通し、芽生えてきたのかもしれません。

しかし、新聞では、まだリユース店(再使用、中古店)とは言わなく、
リサイクル店と言われていますね。

環境やさしい順 3R
①リデュース…発生抑制、節約
②リユース…再使用
③リサイクル…一度壊して再生成

新聞の記事が中古品店などをちゃんとリユース店と
書かれる時を待ち望んでいます^^

街の様子やネットでもちゃんとリユースショップやリユース店と
書かれているところも出てきています。

さて、今年も道頓堀で毎年恒例のマイケルジャクソンの追悼イベントを行い
二次会を担当させていただき、実際にゴミ分別の調査を行いました。
参加人数は約70名で持ち込み有の状況では・・・
3R
こういったゴミの状況になりました。

産業廃棄物以外はゴミではなく、資源です。
スチール缶やアルミ缶やペットボトルやガラス
などは買い取ったりもしてくれます。

やはり去年と同じく、一番多いのは産業廃棄物、
次は使い捨て(リサイクル可)最後にリユース(再利用可)でした。

上記の3R(リデュース、リユース、リサイクル)
環境にやさしい優先順位の低い方のゴミの方が多く、
いつかは環境の優しい優先順位が高い方が多くなるように
していきたいと思います。

環境にやさしい優先順位
3R(リデュース、リユース、リサイクル)
最近ではリサイクルを省いて2Rとも言われますが
これからますます重要になってくる言葉だと思います。

3Rとは?
http://www.naruoya.com/3R1.pdf

環境記事、リユースびんマーク市場へ。

とても暑いですね・・・
職場ではいよいよ今日から扇風機を使いました。
もう近畿各地で30度を超える真夏日がやってきたようです。
京都では今年初めて30度を超えたそうです。
今年の夏の序章といったところでしょうか。恐ろしいです…
1_20140529211934c59.jpg
今月もたくさんの環境記事がありました。
日本近海でCO2濃度最高を更新、南極の氷床崩壊、エルニーニョ現象の兆候などなど
どれも地球環境に良くない事です。

そんな中、こういった記事もたくさんありました。
2_20140529213030404.jpg
環境社会に向けての方法、今まで記事でよく観ましたが、
今月は試行錯誤して、ある意味、こんな風にしていくのかなどユニークな方法も出てきました。

以前からですがヤフーもリユースと言う言葉を広めようとヤフオク!の無料化や
リユース革命と銘打ったプロジェクトも既に始まってます。
http://reuse.yahoo.co.jp/

環境に優しいのは全てリサイクルという言葉が独り歩きしていく中
3Rのリデュース、リユース、リサイクル(優先順位)のリユースと言う言葉を
今一度考えて知ってもらう機会になればイイなと思います。

写真
・5/18(日)第64回大阪硝子壜問屋協同組合定期総会。
・5/23(金)Rびんプロジェクト定例会。
・リユースびんマーク採用ラベル。
3_20140529215513eb7.jpg
そして、弊社でもいよいよ以前から提案してきた『リユースびんマーク』を
採用していただけるメーカー様とコンタクトが取れ、既にリユースびんマークが
一升瓶のラベルに表示され、市場を循環していっています。

作ったリユースびんマークが弊社に戻ると、消費者に見てもらって、
飲まれて、回収されて、回ってきたと考えたら、とても嬉しい気持ちになります。

これがまた市場を循環していってエコ貢献。
とても美しいですね・・・大きな和、環、輪ができるとイイですね^^

リユースびんマーク説明ページ
http://www.naruoya.com/ReUSEBottleLogo.html

株式会社 成尾屋
http://www.naruoya.com/
プロフィール

Naruoya

Author:Naruoya
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード