天神祭りゴミ0報告会、びんでアート作品作り、ガラス細工、キルンワーク、パールドヴェール体験、環境記事。

さて、クラウドファウンディングでも協力させて頂いた
天神祭りゴミ0(ゼロ)報告会11/28(火)に参加させていただきました。
GomiZero.jpg
一部エリア限定で行われた天神祭りの飲食容器のリユース化
(繰り返す使える容器、再利用)でゴミを劇的に減らし、
実際の現場での経験のお話を聞けたり、
社会人や学生のボランティアなど、色々な方々が繋がって
成し遂げられた雰囲気が伝わってきました。
http://www.tenjin-gomizero.jp/
報告会後はリユースびん飲料で乾杯、とても有意義な時間を過ごせました。
これを実績として、エリアを広げる予定で、来年も楽しみにしています。

さて、先日、お知り合いの繋がりから、
京都造形芸術大学のこども芸術学科のびんのリユース(再利用)アート作品作りの
がちゃがちゃパーティーと言う
ワークショップのびんの素材の協力をさせて頂きました。
20171231120108e67.jpg
カラフルで個性的なびんアート作品ができ
創造力がとても豊かな作品が並んでいますので、是非ご覧ください。
https://www.kyoto-art.ac.jp/production/?p=85446

さて今月もガラス細工のキルンワーク(パールドヴェール)と
言う手法を体験し、小さな作品を作りました。
PDV.jpg
ガラスの型枠になる粘土や、石膏を削り形作り、
粒状のガラスを置いていき、最後は焼き上げると言う方法です。
グラデーションや気泡も入ったり、また違った個性のあるガラス作品になりました。
GS.jpg
ガラスは液体とも言われ、ガラス細工では手法によって
色々な作品もできたり、シーグラスや、シーグラス通貨にもなったりし、
変幻自在ですね。

環境記事
panelimg1_20171229215021e72.jpg
今月の環境記事です。
以前からの米カリフォルニア山火事は今も燃え続け、
数万人が避難し、千以上の建物が燃え2人死亡、
同州過去最大の消失となる、東京都の面積の約半分1100㎡になりました。
また、現在も強風にあおられ拡大していく予想です。
フィリピンでは台風で133人が死亡しました。
地球異常気象化(地球温暖化)は世界のあちらこちらで
今も止まることなく続いています。

今月、パリ近郊、ワン プラネット サミットでは
パリ協定の2℃目標、1.5℃目指すと言っているルールでしたが、
やはり各国削減目標を足し合わせても3℃以上の上昇は確実との事です。
ティッピングポイントが気になります。
CO2削減策は勿論、CO2を回収する技術も開発、行っていく必要があると思います。

外相は、気候変動対策は日本が先導すると言っていますが、
日本政府ではCO2を多く排出する石炭火力
(高効率石炭火力はCO2削減効率16%減)を
世界に輸出することで、世界らから非難を浴びています。
前回でもお伝えしましたが不名誉な化石賞も与えられました。

まだ日本は環境と経済は両立できないと言うように
感じ取られているような気がしますが、持続可能な循環型社会は
地球と人類共存の最終最後の課題で、持続可能なのだから
一時(いっとき)のハイパーインフレーションをも勝り、
持続可能な社会を最初につかんだものは、今後、自然と共存でき、
永久の勝利ともいえるのでは無いでしょうか。
世界は既にそれをいち早く理解し、途上国や今まで環境に
消極的だった国も大きく動いています。
こちらの番組を観れば日本の環境対策の現状、実態がわかります。

NHKスペシャル
激変する世界ビジネス “脱炭素革命”の衝撃
http://www.dailymotion.com/video/x6btpoa

日本の江戸時代は持続可能な循環型社会を既に250年以上も実現し、
三方良し、人間社会と自然が共生する和を持っていました。
その昔の良さ、日本文化、日本伝統、繋がり、昔からの手法復活、襲名など
改めて見直す動きも目立ってきた気もします。
今の時代の技術で、日本からインサイドアウトで世界にも広げていけたらいいですね。
まずは追いつかないとですね。
panelimg2_20171229215056757.jpg
さて、市民、民間団体の活動も目立つようになって来たような気がします。
民間団体のICANのノーベル平和賞授賞式では、被爆者を代弁し、
核兵器は必要悪ではなく、絶対悪とも述べました。
ノーベル文学賞のイシグロさんも長崎原爆投下に触れたり、
述べたのは市民や民間団体なのでより身近に感じます。
他にも、民間団体によるサンタチャリティーランや、市民のMETOOブームや
パリ、ミラノのコレクションのファッションショーでも環境や人権への
メーセージが発せられていて、市民、民間団体活動から
国や組織を変えると言ったような動きが
目立ち始めてきたように感じます。
周りがやってくれるという時代は終わりました。

根っこの無い花のような、タガ(樽の締め)が緩んでいるような事件もあり、
二度と同じような事、被害が他にも繰り返されないよう
市民や民間団体の声がドンドン上がればいいですね。
環境を、僕ら市民、民間団体から変えて行けたらいいですね。

また若い力が、色々な場で活躍していますね。
天神祭りゴミ0作戦、市民や学生活動、学生のコンテスト、
高校生プレゼン、各誌では将棋界、スポーツなどなど
色々、活躍の記事を目にしたり、また五輪も追い風と感じています。
それらをシッカリとした人格のある大人や社会人や企業などが支えていけるような
社会を作っていきたいですね。

さて、いよいよ2017年から新年2018年になります。
来年は、草の根から色々積極的に活動していきたいと思います。

今年も本当にお世話になりました。
来年2018年も、よろしくお願いします。
それでは、良いお年をお迎えください。
スポンサーサイト

滋賀県長浜ガラス、天神祭ゴミ0作戦ミーティング、アンティークびん、ワインフェス、君野イマ、君野ミライ、環境省と招布協力、環境記事。

4/9(日)滋賀県の長浜に電車で行って参りました。
長浜は羽柴秀吉(豊臣秀吉の旧名)が初めて城(長浜城)を建てて城下町、
北国街道の宿場町としても繁栄した町です。
また、平成元年からですが黒壁スクエアや黒壁ガラス館と言うのも建ち
ガラスで有名な場所でもあります。
1_20170508193837494.jpg
昔からの日本の城下町風景イイですね。
ガラスは100%天然素材なのでとても綺麗で美しいガラス製品もたくさんあり、
海外のガラス、かわいい置き物など、観ていてとても楽しめました。

また、ガラス細工体験教室もあり、サンドブラストや吹きガラスも体験してみました。
仕事でガラスを洗ったり、割ったりすのはほぼ毎日なのですが、
ガラスを作ったのは初めての経験でした^^
上の写真の最後は左は吹きガラスで作った花瓶の一輪刺し、
右のコップは滋賀県発祥のとびた君や琵琶湖などデザインに入れ
サンドブラストし、フロストと透明部分を半々にしてみました^^

2_20170508193839595.jpg
また4/16はお酒のイベント、4/19はRびんプロジェクトの定例会後に
今年初挑戦する天神祭ゴミ0作戦で、リユースカップ(洗って繰り返し使えるコップ)を広げ、
ゴミを減らす友主催のミーティングにも参加させていただきました。
去年から天神祭りのゴミを調べ、どういったゴミが出るのかなど
大人、学生ボランティア、有志で入念に調査の上のチャレンジです。
京都の祇園祭でも成功したように、最大級と言われる祭りでの
若者達によるチャレンジは素晴らしいです。
ボランティアやスポンサーも募集中です!
https://www.facebook.com/home.php#!/tenzin.gomizero/

また、4/22-23は友のショーを名古屋へ観に行き、取引先にも寄ったり、
たまたま泊まったホテルのオーナーがアンティークびん好きで話が盛り上がり
アンティーク瓶を戴けたり、お返しもさせていただきました。
今度はアンティークびんにハマりそうな予感です^^

名古屋帰りにはワインフェスにも友と行って参りました。
酒蔵イベント、ワインフェス、コーヒーフェスティバルなど
色々行きましたが年代層も色々ですね。


さて環境記事です。

4/22は地球のことを考えて行動する日、地球の日(アースデイ)でした。
この日は米首都含む世界600か所以上で温暖化規制緩和の動きに対し、
なんと科学者が抗議デモを行う異例の活動が行われました。
panelimg1_201705181834218fb.jpg
IPCCによると1880年~2012年にかけて世界平均気温は0.85℃上昇してしまいました。
世界気候機関(WMO)は予想も外れていっています。

日本では4月、兵庫県豊岡市や鳥取県では早くも今年最高30度以上を記録、
今年後半はエルニーニョが発生し異常気象が多発の恐れ
また5月7月も高めで熱中症に注意とのことです。

また海や湖にも温暖化による異変が起きています。
温暖化によるCO2を海が吸収し、
海水が弱アルカリ性から中性に変わってきています。
(アルカリ性→中性→酸性)
酸性化によって、まず上げられるのはサンゴ礁が白化していきます。
以前お話したように沖縄のサンゴ礁で有名な石西礁湖(せきせいしょうこ)は
9割超の白化現象を確認。
また、世界のサンゴ礁で有名なオーストラリアの
グレートバリアリーフでは3/2白化してしまいました。
専門家を集め、緊急対策会議も行われました。

浅瀬だけでなく深海も温暖化により大きく影響を受けているそうです。
環境研調査によると温暖化で海水が冷やされず、
日本海の普段の深海の海水循環が弱くなり、
酸素が深海に供給されず深海生物が死滅の恐れと発表されました。
自身はあの神秘的な未知なる深海の生物が大好きなのですが、
まずは深海の生物から犠牲になってしまうのでしょうか・・・

また琵琶湖では温暖化によりプランクトンにも異変が起きています。
身を守る環境対応のバリアを自らプランクトンが増幅し、
食物連鎖等にも影響するとされています。
琵琶湖の名所の蓮が開花どころか葉っぱ自体も無くなった
原因にも何か関係してるようにも思えます。

また、海、湖共に、マイクロプラスチック問題(5mm以下のプラスチックゴミ汚染)も大きいです。
実際に今でもこういう事が止まる事無く起こり続けています。

panelimg2_201705181836308a1.jpg
また、陸ではPM2.5による大気汚染で世界の死者は345万人とも発表されました。
環境省は2015年の温暖化ガス排出量(確報値)14年度比2.9%減り
LED小電力機器導入等により2年連続減の13億2500万トンと発表していますが
実際にCO2濃度観測衛星のいぶきで測ってほしいところです。

環境省はPM2.5分析装置を購入し、
他にも除染土再利用実験、AIで温暖化被害予測、
色々ありましたがエアコン28℃設定、
再配達削減意見交換会などの活動も積極的に行っています。

更に温暖化防止クールチョイスをアニメで声優を立てて、
萌えキャラの君野イマ、君野ミライと言う環境省公認の
オリジナルキャラクターも発表されました。期待したいところですね^^
https://ondankataisaku.env.go.jp/coolchoice/character/release/
どなたでもクールチョイスは賛同できますので、賛同される方は
是非、ご賛同なさって下さい。

さて、前回お話した米コロンビア大教授 ジョセフ スティグリッツ氏の助言により
有職者検討会が立ち上がり、もしかすると環境権なども盛り込まれ、
増税時に炭素税(カーボンプライシング)「CO2発生比で税高に」ができるかもしれません。
ちゃんとLCA(ライフサイクルアセスメント「製造~使用~廃棄までのCO2量」)を考えた
炭素税であってほしいですね。
教育無償化など色々上がっていますが財源が必要でもあり、
間に合い、こうなれば大きく変わると思います。

現在、日本は国、科学界、論文減少などなど弱体化していくような
記事を頻繁に見ますが温暖化対応には勝気はあると思います。
地方でも再生エネ、自然発電、力強い持続可能な挑戦が行われたりもしています。

また、最近は古いがカッコイイとなる動きもあります。
骨董品、日本建築、若者がニュータウン、レコードにも音質違うのを楽しんだり、
金継ぎ、4世代暮らし、江戸の和ガラスや古いガラスびんには独特の温かみがあったりなど、
古さが逆に新鮮と言う動きがあります。

昔の江戸技術でスゴイモノを見つけたりもします。
この期間での旅行で観たのは自然塩採集機、自然湯の花製造工場など
持続可能な循環型社会が250年以上続いていた、
その日本の江戸文化にも自信を持って欲しいです。

過去に戻っていっているのではなく、新しい技術等ができていくばかりの中
今一度、昔良かったものと現在の技術を組み合わせたり、復活、見直してみれば、
第三案として、新技術や本当に環境にもエコなモノが見つかっていくような
成熟の動きのような気がします。


さて前回でも紹介した、昔から一升瓶は酒販店等で回収されていましたが
現在、日常では使い捨て容器の方が多く、返却して洗って何度も使える一升瓶でも
ゴミにされてしまう何でも使い捨ての時代に向かっていく中、
酒販店への一升瓶の返却、引き取りを促進、復活させる為に作った招布(まねぎ)を、
なんと環境省が協力して頂ける事になりました。
KaishuWA2.jpg
孤立していく使い捨て社会を変えるには地道にこういった、
人との会話、飲み終わった後、そのまま捨てるのではなく、
瓶返却時の、おおきに!ありがとう!ご馳走様!これ飲んだなら次はこれオススメやで!
などの日常での声掛けのキッカケができる活動をまず広げていくしかないと思っています。
一人一人が協力していただいて、持続可能な社会を
みんなで目指して行けたらと思います。

回収の和ページ
http://www.naruoya.com/KAISHU.html

株式会社 成尾屋
http://www.naruoya.com/

富田林寺内町ひな祭り、日本文化、日本建築、宇沢弘文氏、社会的共通資本、環境記事。

3/12(日)大阪の富田林(とんだばやし)駅すぐの
日本の昔の文化が残る寺内町(じないまち)のひな祭りに、
関西まちづくり協議会の撮影会で行って参りました。
HinaJinaimachi.jpg
ひな人形が各建屋に飾られていて、木でできた日本建築や道具、
昔からの文化は、まさに持続可能な素材ですね。
時々見える白いファンはちょっと気になりましたが^^;
資料館等も回りましたが昔の人の知恵にいつも感動させられます。

3/25(土)は福井県へ行って参りました。
HukuiZen.jpg
琵琶湖沿いから、日本海沿い、そして酒蔵さんや、禅の里、永平寺にも行きました。
禅5分無料体験も初めてさせていただき、心を無にするのは難しい事を知りました。
僧侶は毎朝50分ほどするそうです。
スティーブジョブズなどが禅を気に入っていたのは有名な話ですね。
また、館内上映では、いただきますやご馳走様など、食材を隅から隅までを
使い切るモッタイナイ精神など現れていました。

建物内も見学に回り、色々な日本文化や建築の繊細な良さ、
ゴミ一つない空間で、とても伝わってくるものがありました。
これらの昔の人の知恵の伝統を守っていく事が今、本当に大切なんだと思います。
外国人の方が昔の日本の良さに気づいて行動している感じなので、
日本人も継承していかないといけないと考えさせられるところもあります。

さて、ノーベル経済学賞に最も近かったとされるブループラネット賞を受賞した
日本人経済学者、環境問題に熱心な宇沢弘文(うざわひろふみ)氏(1928〜2014)の
「経済学は人びとを幸福にできるか」を読んでもらいました。
(オーディオブック使用)
IMG_8481.png
宇沢弘文氏は社会的共通資本を提唱し、
経済至上主義、後先を考えないバラまき、使い捨てではなく、
いわゆる人間の心を大切にする経済学との事です。
社会的共通資本は
➀自然環境:山、森林、川、湖沼、湿地帯、海洋、水、土壌、大気
②社会的インフラストラクチャー:道路、橋、鉄道、上・下水道、電力・ガス
③制度資本:教育、医療、金融、司法、文化の3つは利潤追求無しで
国家的に管理し、各専門の方々が管理、運営していく、
その上に、それぞれの人の心を尊重し、文化も大切にしていく
人間と環境の為の経済学と言う感じでしょうか。
http://toyokeizai.net/articles/-/151187
自分の考えとしては「自然環境」と「社会的インフラストラクチャー」を
両立する持続可能な循環型社会を構築し、「制度資本」では
主体的である人格の教育を行っていく事だと思います。
(7つの習慣 人格主義の回復等)が個人的にいいと思っています。
旧人類から30-50万年、そろそろ人類の長い歴史の中で作られた
英知を見つけ、選択して、より良い世界にしていく時のような気もします。

さて環境記事です。
WHOによると5歳未満で亡くなってしまった世界の子供のうち
1/4が大気や水の汚染による死亡と報告されました。
2012年5歳未満655万人亡くなり、そのうちの171万人(約26%)もです。
こんな信じられないことが今この瞬間も起きています。
環境の事を考えない大人達によって子ども達に残酷です・・・
panelimg_20170405211156bc0.jpg
WHOは2016に続いて、今年も異常気象化すると予想されています。
北極、南極共に、海氷過去最小になり、南極は1974年に史上最高気温の
14.6℃を更新し、2015.3月に17.5℃が観測されました。
また、京大によるとキリマンジャロ(キボ5895m)の山頂氷河消滅寸前だそうで、
10-20年後アフリカから氷が無くなると言われています。
今年の桜の遅咲きも、海氷が史上最大に溶けたことによって
大気中に冷気がとどまったのではないでしょうか。

温暖化、異常気象化は人間が影響するだけではありません。
環境省によると、海のレッドリスト56種、日本の絶滅危惧種38種に増え、
地方でもヒバリ、ツバメ、蛍、トノサマガエル、モンシロチョウなどが
見られなくなったとも。

また、オーストラリアのグレートバリアリーフでは
サンゴ礁が1998-2002は50-58%白化、更に2016年には91%白化してしまい
サンゴ完全回復には10年かかるとされています。

IEA(国際エネルギー機関)世界温暖化ガス排出は横ばいと
発表されましたが、これらは日本の二酸化炭素観測衛星の
いぶきで正確に実測を図るべきだと思います。

世界では環境保護にタイが動いたり、再生エネルギー、
電気自動車の活用で韓国の済州島(チェンジュじま・さいしゅうとう)が動いたり、
中国も温暖化対策積極的だそうです。

日本ではサウジアラビア、サルマン国王が46年ぶりに来日し、
脱石油を目指し、1500人の王族や官僚を引き連れて来られました。
国王と鳥のハヤブサも同行したという記事も^^
日本では首脳会談や経済界の経営者などと話したり、
日・サウジ・ビジョン2030や、天皇陛下と会見なども行われました。
東洋紡では新型水処理膜サウジアラビアとの共同開発を掲げたりしていましたが
46年ぶりの来日で今の日本から十分な解決策に繋がるようなものを
見つけることができたのでしょうか。

現在、新米大統領は温暖化規制を緩和すると言っています。
それに対しニューヨーク州司法省や中国も反対しています。
日本の立場は示していませんが、日本政府が招いた先ほどお話した
宇沢弘文氏の愛弟子、ノーベル経済学賞の米コロンビア大学の
ジョセフ スティグレッツ教授は日本に対し、
炭素税を導入するべきと言っています。
日本がリーダーシップになるチャンスとも言われています。
EU気候交渉官のワークスマンも日本の炭素税を推進しています。

阪神大震災、東日本大震災、熊本地震など、色々世界からも助けられました。
今、世界での恩返しで250年以上日本で続いた完全循環型社会を
実現していた事にも自信を持ち、世界中に現在の環境問題に対応する
日本の知恵の和をドンドン広げて行けたらと思います。

天満天神梅酒フェス、陶器アートのアトリエ、お酒の会、江戸の恩送り、環境記事。

さて、2/12(日)大阪天満宮で毎年行われている
各酒蔵さんの梅酒が集まる天満天神梅酒フェスに行ってきました。
豊富な梅酒やリキュール等があり、梅酒だけでもこれほど種類があるのは
日本位だと思います。
TOUKIART_20170303194206195.jpg
また以前、アート作品展へのびんを提供させていただいた
同じ大学卒の方の陶器の方も出展されていて、
手作りの、変わったびんのお皿や独特な色彩や素材のおちょこやお椀など、
とてもクリエイティブなアート作品も出展されていました。
つい欲しくなってきます。

また、後日にご自身の陶器のアトリエにも見学に行かせていただき、
ガラスびんと同じ天然素材100%の陶器の良さも教えていただき
アー トな感性を磨き上げてくれるような
大変有意義な時間を過ごすことができました。

天満天神梅酒フェス
http://umesusu.jp/

陶器アトリエ:Tama atelier
https://www.facebook.com/tama.atelier/

さて、先日はお酒の会へ行って参りました。
OsaknoKai.jpg
こちらも毎年恒例で行われていて、今年も、よりたくさんの方々が来られ、
日本酒に合う日本料理と、美味しいお酒やリキュールを飲みながら、
面白い狂言や、抽選会、相撲の元豊真将(ほうましょう)関ともお会いできたり
同じテーブルの方々とも色々お話をさせて頂いたり、
こちらも大変有意義な時間を過ごさせていただく事ができました。


さて、世界気象機関(WMO)で北極、南極、1月の海氷面積が史上最小になりました。
panelimg_2017030319425595d.jpg
また、日本では大雪が発生し、死者が出たり、
近畿4年ぶり春一番の風が吹くなど、地球温暖化ではなく、地球異常気象化です。
また、環境省調べによると、沖縄では海水温30℃以上が続き、海水が酸性化し、
日本国内最大のサンゴ礁の石西(せきさい)礁湖は、昨年で70.1%死滅し、
宮古島でも3割が白化してしまいました。

また環境省と、経産省ともパリ協定採択に対する考えに隔たりがあるそうで、
まだ環境優先か、経済優先か、どちらかに偏らせればどちらかが
損するというような、二者択一的な風潮があるみたいです。
前回のオバマ元大統領の論文『環境と経済は両立できる論文』や
和や中道(ちゅうどう)と言ったような、両者最善の道という選択を
是非知っていただきたいです。

その第三案として、環境省、経産省一丸となって
LCA(ライフサイクルアセスメント(製造~廃棄までのCO2排出))を考えられた
カーボン税(カーボンプライシング、CO2の発生によって税金を上げる炭素税)を
導入してほしいです。
こういった税なら、いくらでも取ってくれてもいいと思います。

現在、ニュースになっている物流、宅配流通の限界では、
各住戸に大きな宅配ボックスの設置を勧めるだけで再配達による
大幅なCO2削減ができます。
そこに国環境省や経産省が関与するなど、こういったLCA的な考えで
持続可能な社会インフラを行ってほしいです。

世界では大きく動いています。
フランスに続きインドも食品プラ容器も禁止されるそうです。
http://www.2chradio.net/a/?a=news5plus1487330705


さて、今回のピックアップ新聞記事です。
最近はかつて江戸時代にあった恩送りと言うのが、広がっているそうです。
カフェでお客さんが無料でコーヒーが飲めます。
Pick.jpg
普通ならお金を払わなければなりませんが、他のお客さんが
そのカフェのポンントを集め、自分で使用するのではなく、
他のお客さんに譲り、善意を広げていくような取り組みだそうです。
まさに恩贈りですね。

大学共同利用機関、20歳以上5年ごとに行われている
『大抵の人はどう思っているか?』と言う調査では
1978は自分の事だけ74%、他人のために19%に対し、
2013は自分の 事だけ42%他人のために45%と逆転しました。
東日本大地震から自分だけから他人のためへと言うのが広がってきています。
とてもイイ事だと思います。

今ではランドセルが贈られたり、介護機器もシェア、学校制服お下がりなど
何か繋がりが求められる時代になってきました。

そういった意味で、一升瓶引き取り招布(まねぎ)も
酒販店だけでなく、色々な所で広がって行けばイイですね。
KaishuWA2.jpg
おおきに!ありがとう!ご馳走様!などの人と人の繋がりが
どんどん広がればいいと思います。

回収の和ページ
http://www.naruoya.com/KAISHU.html

2017酉年スタート、年賀状、えべっさん、今宮戎、野田戎、シェアやリユース、環境記事。

昨年も大変お世話になり、本当にありがとうございました。
今年2017年も是非よろしくお願いします。
Nenga2017.jpg
今年の年賀です。
写真の一升瓶は、30年以上の前に生産終了した
旧丸正一升瓶を使いました、逆にキズなどがあってアンティーク感あります。

旧丸正一升瓶説明
http://naruoya.blog90.fc2.com/blog-entry-101.html

今年2017は干支10番目の酉年、丁酉(ひのととり)です。
諸説ありますが元々干支の酉はお酒の酒瓶、酒ツボをイメージしていて、
それが覚えやすいように動物の鳥、身近な鶏、酉となったそうです。
=酒年でもありますね。
年男でもあり調べてみました。

年賀状製作過程
Nengasozai.jpg
循環の事も考えて、自然の素材を公園等から拾って並べています。
あとは捨てて置いたら土になります。

Ebisu.jpg
初詣~初日の出、そして商売繁盛を祈るえべっさんでは、
今宮戎と野田戎、両方自転車で行って参りました。
今宮戎は300ほどの屋台があり、24Hで朝早くも人がいて、
かつて大坂は天下の台所、大大阪、商売の町と言われていたように、
人がたくさんで大変賑やかでした。
野田戎は子どもの多い地域の個性が出てたり、210年以上前の神輿があったり、
各えべっさんによってまた違って良かったです。

大阪硝子壜問屋協同組合の新年会も梅田のがんこで行われました。
一升瓶のお酒のご提供もあり、料理も好評でした。

また、考案した、『一升瓶引き取ります』の招布(まねぎ)の
各支部から必要数量等もお聞きしました。
関東の青年部の方々からも、ご連絡があり、ご興味を持たれていて
是非、これを機に全国にも広がって行けばと思います。


さて、2016は観測史上最も暑い日14.83℃(NASA,NOAA)になり、
地球の気温は19世紀後半に比べ1.1℃上昇しました。
パリ協定は1.5度未満目標です。
1_20170131211207cda.jpg
終末時計は昨年から30秒進み残り2分半。
また昨年の企業のリスク(監査法人トーマツ調べ)が
自然災害(地震、風水害)が首位になりました。

最近の感じる気温もちょっと前は雪不足と言っていましたが、
その後、各地に大雪が降りました。
センター試験、交通にも影響があり、
京都女子マラソンでは大吹雪の中、走っていて大変そうでした。
北極海氷面積も最小になって、その冷気が日本に寒風を発生させたらしく、
雪下ろしや事故等で7人以上も死亡しました。
鳥取大山(だいせん)では積雪2m以上、車650台ほど立ち往生しました。
その中でも、住人が率先して、立ち往生するドライバーに温かい飲み物やおにぎりなど
配布をされたと言う話もありました。
孤立していく中、こういった人と人との繋がりは
これから大変重要になっていくと思います。

商いは平和産業とも言われるそうです。
人と人とが繋がって、持続可能な社会を作り上げる。
最近では今あるモノも大切にして、所有から使用に、
シェア経済も活発に行われています。
家、車、人(空き時間使用)、使用後の中古ネットオークション出品、
企業サンプル廃品等を学校教材にしたり、企業の貨物共同輸送、
廃墟も再利用されたり、ヒロシマ折り鶴過剰分を再生紙にしたり、
宇宙ステーション補給機のこうのとり使用後、手間取っていますが
宇宙ゴミ除去実験に活用する案や、携帯でもフリータンクと言う通信料金等を
会員同士で分け合ったりする制度もあるほどです。

また、キネマ旬報ベスト・テンで、映画の『この世界の片隅に』が一位になりました。
この映画は、ネットから賛同者が集まって寄付できるクラウドファウンディングが使われ、上映に至りました。
観に行きましたが感動しました。
戦時中、今あるモノを大切にして、色々な工夫によって
何倍にも楽しさが膨れ上がるような、モノを大切にする心も描かれていました。
これらのストーリーに賛同者が増え、
人と人が繋がりクラウドファウンディングも成功したのだと思います。
ガラスびんも多く出てました^^

これらはシェア(繋がり)やリユース(モノを大切に)がキーワードですね。
そして環境にも優しいです。
これからはWINxWINだけでなく、WINxWINxWINが重要になってくると思います。
日経新聞環境経営ランクでは、キャノンが一位で、評価理由に
取引先も含めた環境配慮が高いとなっています。
これも上記のような事ですね。
2_20170131211251edf.jpg
そして東京は街の清潔さ世界一にもなりました。
環境省では環境、観光両立で国立公園のレンジャー(自然保護官)倍増する事も決まり
また小学3、4年生の教育では、環境、貧困社会課題解決のためのテーマが
重複などしないように一覧で分かるESDカレンダーと言われるものも取り入れるそうです。

さて、新米大統領が就任し、環境より産業優先となっていますが
元大統領のオバマ氏は、パリ協定を任期中に批准し、
大統領退任後、論文を提出しました。
その内容は、地球温暖化防止と経済両立は可能という論文です。
世界の再生エネルギーのコスト削減ができる時代にもなり、
また、上記に述べたシェアやリユースが成功例と言えるのではないでしょうか。

これからは日本の和の心、持続可能な循環型社会経済が重要になってくると思います。
是非、日本の新国家が始まってほしいですね^^

今年2017も是非よろしくお願いします。
プロフィール

Naruoya

Author:Naruoya
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード