ガラスフュージング、とんぼ玉等体験、天神祭ゴミ0、環境記事。

さて、前回に続いて
2017.7/22(土)&8/12(土)、
ガラス細工のフュージングと、とんぼ玉作りも体験しました。
TomMad.jpg
奥深いです。またガラス作品展示会もたまたま見れました。
ガラスと言う素材を使って、色々なアートに化けていくんですね。

さて、日本三大祭り、7月の天神祭りで個人でも支援させていただいた
友や学生ボランティア団体などによるゴミ0大作戦が行われました。

天神祭りの一部区間で、屋台に使われる使い捨て容器、皿を、
リユースカップ(何度も洗って使える容器、皿)に切り替え、
去年の祭り後に相当、散らかっていたゴミが綺麗に無くなりました!
Gomi0.jpg
本当に素晴らしい取り組みで、エコなリユースと言う言葉が
一気に広がったようにも感じます。
また、関西テレビでも放送されました。

天神祭りゴミ0大作戦FB
https://www.facebook.com/tenzin.gomizero/


環境記事

さて、NOAA(米海洋大気局)によると、2016年の世界気温、また更新しました。
1981-2010の30年間平均気温より2度高く、昨年の世界平均気温0.8度上昇。
産業革命以前から1.5℃までに抑えるよう努力と言っていた
パリ協定はどうなっているのでしょう。

北極海表面積が観測が始まって37年間で最小になり、
地球海面水位は1993年に比べ8cm上昇。
年間平均CO2排出濃度は400PPMの節目越えました。
panelimg1_20170831174542b60.jpg
日本各地でも何十年何百年などに一度と言ったような
異常気象や集中豪雨などが増えています。

九州北部豪雨では、土砂崩れ450ヵ所を超えたそうです。
山の表面の木々がずりむけたような写真に驚きを隠せません。
木々などが元通りに戻るのに何十年何百年かかってしまうのでしょうか。

記録的短時間大雨情報は2013年の77回を更新し、今年は既に85回だそうです。
http://agora.ex.nii.ac.jp/cps/weather/rare-rain/#past
特別警戒区域も3年前の広島の土砂災害から4年で倍増し、33万5895か所に
1時間80ミリ以上の猛烈な雨は約30年間で7割増えているそうです。

また、今夏では北・東日本で記録的な日照不足や長雨に見舞われ
東京都内では、2時間に1000発の落雷や大季節外れな5cm-6cm位の大粒の雹が襲い、
窓ガラスや、車に被害、植木の葉が散乱してたりなど、
人が当たって怪我の話を聞かないのは不思議です。

また先月の多摩川花火大会(結局中止)では、午前は真夏のような雰囲気だったのに
午後から急に黒い雲が迫ってきて、豪雨、雹、暴風、雷など、
訪れた観客は橋の下に入ろうが大雨はもろともせず迫ってきます。
帰りにも混乱が生じ、雷が当たった事件や、露天商、油で火傷など。
また、花火と雷が同時発生し結局花火が中止になったニュースもありました。

また、秋田豪雨では雄物川(おものがわ)氾濫で17市町浸水485棟、道路も冠水し、
22日から23日16:00までの雨量は秋田市で348.5ミリ、周辺でも220~300ミリを観測。

仙台では36日間、雨降りっぱなしで、30日間で日照46.4時間のみ(平年の3分の1)
東京でも21日間、連続雨降りっぱなし、農作物の影響なども懸念されています。

オホーツク海高気圧が、冷たく湿った空気が流れ偏西風の蛇行が発生し
10年に1度あるかの冷夏だったそうです。

逆に西日本は7月、大阪、神戸では、過去10年平均気温最高になりました。
熱中症搬送、前年の8031人増しの2万6700人22都道府県31人死亡で
今問題のヒアリも住みやすくなってきているでしょう。
参考:福岡県糸島38.9度、松山37.2℃、大阪市36.5℃

panelimg2_20170904182447320.jpg
また世界でも米南部テキサス州米国第4の都市ヒューストンに
ハリケーンハービーが上陸し、道路や住宅が冠水し、歴史的豪雨で
家屋の倒壊10万件、断水影響12万人で避難者3万人以上、
被災者45万人、47名死亡(9月上旬)、
250の高速道路、空港、港湾施設閉鎖、油田地帯も直撃し、
製油所も操業停止、被害総額は2005年のハリケーンカトリーナを上回り、
米最悪の21兆円とされています。
製油所停止とは自然が何かを訴えているようです。

米大統領も個人で1億1千万円を寄付し、また当面の復旧対策に
5千万ドルの予算をつぎ込むそうです。
また、ダム等の影響で長引くとされています。
WMO(世界気象機関)によると温暖化が影響と発表されています。

中東、アジア、北米では、殺人的熱波と報道、気温が50度を突破。
5月にパキスタンでは54℃、地球東半球(ユーラシア、アフリカ、オーストラリア)の
観測気温最高と並び、6月にはイラン、アラブ、50度以上。
南欧東欧40度以上続き、数人が死亡。

森林火災、熱中症死者も相次ぎ、農作物にも影響、
あまりにもの熱さで、なんと航空便の離着陸にも影響するそうです。
その理由は気温上昇で空気が膨張し、密度が小さくなり
離陸に必要な揚力の不足が懸念されたようです。

イタリアでは記録的少雨と猛暑で深刻な水不足、6月以降ローマで雨が降らず、
7月には2800ある公共水飲み場の一部で給水を停止し、
過去10年で最も厳しい夏と言われ、またオリーブやトマトなどの生産農家や
酪農業の打撃も懸念され、経済損失は約2580億円と試算。

バチカンのサンピエトロ広場でも初めて噴水の水が止められました。

欧州各国では干ばつも深刻化し、ポルトガルで6月起きた山火事は60人以上が死亡。
米西部アリゾナ州では6月、約50便の航空機が欠航。

南アジアではモンスーン豪雨で甚大な被害。
インドの最大都市ムンバイでも豪雨で老朽化の建物が倒壊し、
22人が死亡し、10人が行方不明。
また、スペインのバルセロナでは痛ましい事件もありました。

米国の研究チームは温暖化ガスを大幅削減しない限り
2100年には世界人口の4分の3が熱波による死の脅威にさらされると言っています。

これらのニュースは前回のブログ更新から、ここ1カ月強の記事です。


さて、天神祭でのリユース食器が大きくリユースの良さを
関西から前進させたような気がします。

リユースはゴミが出ません。
SaiShiyo.jpg
100個、新たに資源を使い作るか、100回洗って使うかの違いです。

また、ゴミ問題では、米カルフォルニア大、サンタバーバラ校の研究チームによると
プラスチック製品(プラスチック包装等も)は1950年代以降から、生産量83億トンで
その内、ゴミの量は63億トン(東京スカイツリー鉄骨部分の
重さに換算すると約17万個分に当たる)
2050年では120億トンに達するとも言われいます。
東南アジアでも、包装ごみ削減に動きました。

プラ製品のゴミ、63億トンのうち、
リサイクル:9%
焼却処分:12%(CO2に(或いは有害物質に))
自然界、埋め立て等79%(生態系や自然界に影響)

また海に沈むマイクロプラスチック等では、
生態系や自然界に悪影響を及ぼしますが
海に沈むガラス破片なら宝物にもなります。
例えば、ビーチマネー一定基準のガラス(シーガラス)を加盟店に
持っていけば商品引き換えなどでき、レアな色では200円以上!?
先月で国内15都道府県に加え、ハワイや台湾など国内外150店舗に拡大し、
引き換えは飲食、美容室、クリーニングや、なんと魚と交換など、海だけでなく
大阪では山にも加盟店があるそうです!?
仮想通貨のブロックチェーンも流行っていますが、
この国際リアル通貨ビーチマネーにも気になる所です。

またリユースは、購入して、どこかに捨てるのではなく、
返却して、おおきに!など、人と人との繋がりも大事です。
それらが整って初めてエコなリユース、持続可能になります。

官では、経済産業省、省エネ化に補助、
環境省は再生エネルギーに補助金や投資の環境債
国内グリーンボンドも動いてきました。
文部科学省は気象予報、北極観測で精度向上の為か
来年、北極海砕氷船建造予定など後押ししています。

民では、レコード、江戸製品、老舗遊園地、
ホンダマツダ、旧型車の部品供給再開したり、
中古家具1点ものが人気だったり、日本酒の名所、
灘五郎も相次ぎ社長交代で若手、昔からの襲名も復活し
酒造りの木の道具製造拠点も12月新設などの復刻版等が流行ったり、
シェア経済では、放置の傘や放置の自転車リユースまで。

こういった記事もありました。
秋田県内2200棟超浸水にも関わらず、豪雨死者0と最小限に抑えた
気象台長、和田幸一郎さんは、昨年の岩手県豪雨川氾濫を教訓に、
市長や町長14人個別に携帯電話で指導し、気兼ねなく、
電話し合える関係があれば救えた命もあるとの事です。

共通するのは環境を大切に、昔からの伝統も改めて再定義。
日本人お得意のグループ力、繋がりも広げていく事だと思います。

さて、国連分担金、元2位が3位に転落した日本ですが、
マニフェスト(実現不可と定着?)ではなくアジェンダ、
国連2030のSDGs(Sustainable Development Goals)
持続可能な開発目標が始まっています。

ピコ太郎さん出演するPV
https://www.youtube.com/watch?time_continue=15&v=H5l9RHeATl0
過去に250年間以上持続可能な社会を実現していた日本人なので
自信を持っていきたいですね。

また色々な分野にスーパーキッズ、若手もドンドン
増えてきていて、大きな和を広げていけたらいいですね。
スポンサーサイト

ガラス細工、東京の旅、江戸東京博物館等、日野原重明氏、九州豪雨、環境記事。

2017.7/1(土)
長浜で、サンドブラスト、吹きガラス体験に続いて、
今度は堺市の佐竹ガラスへ、ガラス細工の小物作りを初めて体験しました。
動物を作ると言う体験でしたが、動物でもなく季節外れですが
雪だるまを作ってみました。
まず先生が作ってくれて、それを真似て作ってみるという感じです。
SataleGLS.jpg
バーナーワークと言うのですが、二つのガラス棒を持って、
バーナーに当て溶かし、硝子が飴みたいになって、
巻き付けて作ったり、細くしてちぎったり、
とても難しいですが、とても楽しいものでした。
是非、自分で作れるようになりたいですね。
SatakeGLS2.jpg
その後は、ガラス細工ショールームに入らせてもらったり
ガラス棒を作る工房内を見学させてもらったり、
社長と色々お話もさせていただきました。
ガラス細工、本当に奥深いですね。
ドンドンのめり込んでいくような感じです。

佐竹ガラス株式会社
http://www.satake-glass.com/

さて、7/14(金)-16(日)は東京へ行って参りました。
旅行のつもりでしたが、色々、仕事に関係があるような
旅にもなったので、その辺り紹介したいと思います。

7/14(金)
東京スカイツリーのエレベーターには名物の江戸切子のガラスアート作品が
光っていました。
Tokyo1.jpg
東京タワーと通天閣は同じ設計者ですがスカイツリーは違うみたいですね。
また生駒山と標高642mでスカイツリーは634(むさし)mなので
生駒山より8m低いだけなんですね。とちょっと驚きです。
ライトアップでは、青、紫、橙(だいだい)と言わず、
粋(いき)、雅(みやび)、幟(のぼり)など
和の色の名称で奏でるのもとても好きです。

両国では江戸のれんという江戸をイメージした飲食などできる場所も見つけ、
冷やしちゃんこなどを食べ、食後は、一升瓶の自販機があるみたいなので
行ってみました。
ボタンを押したら一升瓶が出てくると言うような自販機ではないですが、
各自販機に、300円を入れて、おちょこを入れて、気に入った一升瓶の銘柄の
ボタンを押せば、おちょこ一杯分注がれ、飲めます。
勿論、高いお酒、大吟醸などは300円入れても40mlで
安いほど50ml、60mlとなってきます。

お店の方に、自販機の中も見せてもらいましたが、本当に一升瓶から注がれてるのですね!?
関西にはうどん自販機や10円自販機などユニークな自販機が
色々ありますが一升瓶自販機も、とても面白いですね。

続いて、同駅の江戸東京博物館へ、
完全循環型社会を250年以上実現していた江戸時代の生活の様子や、
江戸のアート作品、模型など使われ詳細に紹介されている博物館でした。
Tokyo2.jpg
江戸時代の人々は、寺小屋で勉強をし、繊細でアートで、季節を純粋に楽しみ、
祭りを行い、自然と共生し、衣食住では、古着、食後の肥料化、
家は木で造られ、火事の時はあえて隣の家を潰し延焼を止めたり、
自然の素材のみを使い、使い捨てやプラスチックも無く、ほぼゴミも出なく、
また大名、グループや団体行動も非常に細かな役割が分担されていて驚きました。

7/15(土)
「男はつらいよ」の柴又(しばまた)へ
Tokyo3.jpg
帝釈天(たいしゃくてん)神社へ続く道にも、
70.80年代の駄菓子屋や、江戸をイメージさせるような風景もあり、
寅さんの博物館もあり、古き良き時代の世界が見られました。

7/16(日)
この日は、山手線で偶然、関西の友にも遭遇したり、世間本当に狭いですね。
新橋や銀座を回り、世界最高級のワイン、
ロマネ コンティ(750ml?300万円以上!?)も観れたり
また、東京駅に向かう時、有楽町で東京国際フォーラム前で骨董市も行っていました。
Tokyo4.jpg
前回の四天王寺骨董市ほどではないですが、大きな骨董市で、
東京と、大阪の骨董市のレイアウトの違いなども、知ることができました。

帰阪後は、梅田のグランフロントで行われているレコード展も行き、
こちらも味があり、味気のある旅や展示が観れたと言う感じです。
レトロが新鮮で復刻版も流行っていっていますね。
ソニーもレコードを29年ぶりに生産開始したそうです。


聖路加(せいるか)国際病院名誉院長の生涯現役の
日野原重明(ひのはらしげあき)氏が105歳で亡くなられました。
Hinoharasan.jpg
1911年(明治44年)生まれで、戦争の時代も知り、
よど号事件での被害者でもあります。
今年40周年になる1008ラジオの道上洋三さんの
ラジオでも出演されてはり、
丁度一年前にラジオ放送された道上さんとのインタビューも
聴く事ができました。

小学校での講演、いのちの授業や脚本や作詞も多彩に活動された方だそうです。
国内で人間ドックを初めて導入し、生活習慣を事前に改善し、
病気を予防と言う事を日本に広めました。
NHKドキュメント プロジェクトXにも紹介されたそうです。
子ども達こそが未来の扉と言ったような、素晴らしい考え方を持っている方です。
最近スーパーキッズが増えて来ていますね。
ここで紹介させていただきました。

地球をつつむ歌声(作詞)
http://www.nhk.or.jp/ncon/sp/music_program/kadaikyoku_e.html

葉っぱのフレディ(アメリカの作品を日本用ミュージカルに)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170718/k10011063631000.html


7/5-6にかけ、九州北部豪雨が発生しました。
panelimg1_20170720193252fc2.jpg
長崎では50年に一度の記録的な大雨1H90mm
(1H90mmとは一時間にバケツ(大きさ問わず)の水が9cm溜まる)
目安 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1319442463
24H雨量朝倉市541.5mm日田市368mm共に1976年観測開始からの最大値を記録し
避難指示や勧告は51万人で、最大規模の土砂崩れなどで、
死者34名、行方不明者7人(7/17地点)
河川が氾濫し、町がわからなくなっていて、山崩れの写真も恐ろしいです。
災害のゴミ処理も追いつかないそうです。

自衛隊、警察、消防7800人体制で行われ
また各地からは2000人以上のボランティアが
九州豪雨被害での片付けなどを手伝っているそうです。
panelimg2_201707201933051f9.jpg
また、東北から九州の広い範囲で猛暑日や、大雨、落雷警戒もされ、
愛知や岐阜では豪雨で複数の川が氾濫し、100棟浸水被害、
岐阜県では観測史上最大となる1H89.5mmの雨、
猛暑日も頻繁ですが、東京では、数cmある大粒の雹(ひょう)も降り、
車がへこんだり、屋根が貫通したり、被害も恐ろしいです。

相次ぐ、何十年、何百年に一度などと言う豪雨や猛暑、異常気象など、
地球は必死で、ツケを戻そうとしているようにも見えます。

さて、東京の旅で、完全循環型社会が250年以上実現していた
江戸時代では、、鎖国や身分の固定等もありましたが
自然と共存し、団体行動も細かに役割が設定され、
三方良しのチームワークでエコな循環型社会が実現した
リユース社会でもあったんだなとつくづく感じました。

今、循環型社会を再構築するのには上記はかかせないでしょう。
現代の問題の答えがココにある気にもなりました。
それも鎖国は無いので地球規模で。
日本の環境技術やゴミ収集も輸出などもしているそうで、
是非、促進していってほしいですね。

四天王寺骨董市、大阪地酒イベント、大阪硝子壜問屋協同組合総会、初めての田植え、大阪びんリユース推進協議会総会、天神祭ゴミ0作戦ボランティア&クラウドファウンディング募集中、味気の無いモノから味気のあるモノへ。

5/21(日)毎月20日と21日に四天王寺で
約300店舗規模の骨董市が行われるとの事で行ってきました。
Kottou.jpg
アンティークモノ、瓶から、古着、ガラス玉、レコード、黒電話、江戸のタンス?
陶器、木箱、懐かしのおもちゃなどなど激レアなモノがたくさんあり、とても楽しめました。
昔はプラスチック素材が無いので、天然物で作られていて
ガラス玉(浮き)にしろ、例え海で壊れてもゴミにならないのも優秀ですね。
骨董市も盛況で外国人も見られました。
最近は、骨董市やレトロ遊園地が流行ったり、
新旧問わず、味気のないモノから、味気のあるモノを求めるような動きが感じられます。

5/28(日)大阪地酒イベントに行って参りました。
以前から参加していますが、年齢層が拡がったり、
女性や女性利き酒師の方々もおられ、新しいブームの兆しもありました。
JizakeTaueKai.jpg
その日の夕方からは大阪硝子壜問屋協同組合総会でした。
招布のプレゼンテーションも時間を少しいただき、お話させていただきました。
お一人お一人に回収人さんのお話を聴かせていただいたりもしました。
是非関西から回収拠点拡がってほしいです。
また選挙もあり、新理事長が決まりました。
若返り、また新しく新鮮な気持ちで行動できるような気がします。

5/11(日)田植えを初めて体験してきました。
酒蔵さんのイベントで、畑で酒米を手で植えていき
後から収穫や醸造も体験できるイベントです。
田植えでは、両サイドから等間隔の印の付いた紐を縦にずらして行って
印の付いた部分に芽を手で植えていきます。置く感じで植えれます。
畑内は水がたまってドロドロのジュクジュクで、
足全体が完全に浸かってしまうような状態で、ただの長靴だけでは
泥などがドンドン入っていったり、こけそうになったり、歯が立たないでしょう。
(自分も何度もこけそうになりました^^;)
おそらく初めて参加の方は長靴だけ用意し、それで十分と思われますが
一度体験すればわかると思いますが、下半身全体は
バッチリ装備が必要だと言う事を学習しました。
約200名ほど参加され、大盛況なイベントで
次の収穫イベントも非常に楽しみにしています。

また酒蔵さん納品時に、植えた芽の成長ぶりを
観るのもまた楽しみです。

6/22(木)大阪びんリユース推進協議会総会が行われました。
OsakaRiuseKai.jpg
今回は大阪硝子壜問屋協同組合の新理事長も参加されたり、
2019年ラグビーワールドカップが開催される国内12都市のうち、
一つが東大阪の花園ラグビー場になります。
その担当者が、東大阪のごみを考える市民の会と組み、
環境に配慮した花園ラグビー場にする為にはどうすればいいかなど
活発な議論も行われました。
数々の環境関連に興味がある方々が、一つになっていくようなイメージでした。

また現在、知り合いが天神祭ゴミ0作戦を行うための
ボランティアとクラウドファウンディングを募集をしているそうです。
(ボランティアはどなたでも参加可能、説明会あり)

今までの天神祭の飲料容器や皿は使い捨て容器(透明や白のプラ容器等)で
全てゴミ箱にいき、そのまま分別されず、焼却処分されていました。
そこで今年は、前年の天神祭のゴミの調査を踏まえ、
今年は、一部で使い捨て容器では無く、飲料容器や皿には何度も
洗って繰り返し使える容器、リユースカップやリユース皿が導入される事になりました。
リユースカップ、リユース皿でゴミを減量し、更に分別し、
リサイクルするという大阪最大のお祭りでの初の試みです。
京都では成功していますので、是非大阪でも成功してほしいですね。
ゴミ分別に笑いを入れるなど、大阪独特の試みもされるそうです。
TG0.jpg
https://www.facebook.com/tenzin.gomizero/
現在、ボランティアとクラウドファウンディングを募集していまして
環境問題等にご興味があり、百問は一見に如かず、
現場を直接観てみるのもいい経験になると思います。
現在、ボランティアも不足していますので、ご協力できる方は
是非、よろしくお願いします。
こちらは個人でクラウドファウンディングで支援させていただきました。


環境記事
panelimg1_20170623182803f6d.jpg
人工衛星いぶきの観測結果からの推計で、
CO2より温室効果が圧倒的に高い地球大気のメタンの
濃度が1月最高値を記録しました。
農地や家畜、永久凍土の融解でとのことです。

また、中東、北アフリカで今月17日、気温がもう50度を超えました。
フランスは38℃、スペイン40℃以上上がりました。

異常気象化以外にもこんな問題が、
東南アジア、ジャカルタの地下水のくみ上げすぎで
地盤が沈下しているそうです。
また異常気象化の影響により洪水等も頻繁に起き、
もし一度沈下すれば、直すのは不可能と言われています。
2020-2030年までには大部分が海水面より低くなるとされています。
あと3年ほど、3年もないかもしれませんが2020東京五輪付近には
一部の国が沈む可能性があげられると言う事です。

また国内では既に群馬で35度を記録したり、
187か所で真夏日、全国239人熱中症。

昨年は林野火災は約千件発生し、焼損面積は384ヘクタールでしたが
岩手県釜石市の5月に起きた森林火災では
それを上回る東京ドーム90個分の焼失413ヘクタールです。
ポルトガルも今、森林火災が起こっているそうです。
panelimg2_20170623182848871.jpg
さて、ローマ法王やマクロン大統領、更に身内も新米大統領に
パリ協定に残る事を勧めていましたが、結局、パリ協定から離脱するそうです。
しかし、欧中、米自治体、ハワイ州、他州はパリ協定を履行し、
米エネルギー長官は、温暖化対策なお主導と言っています。
だからといって洋力、風力発電の風もやむ事は無いとのことですが。
しかし、パリ協定から離脱できるのは大統領任期ちょっと前なので、
それまで大統領令(切り札)などで、環境への得策や、環境税など米国が主導して
環境促進させるような事は無いと考えられます。

その米環境系拘束期間にどれだけ日本が国主導で環境系を促進できるかですね。
ある意味、日本のカーボン税(切り札)導入のチャンスです。

日本は今年度は環境白書(環境、循環型社会、生物多様性白書)閣議決定されました。
2030年の世界目標、持続可能な開発目標SDGs
気候変動、貧困、経済成長など17項目も目標に入れるそうです。

また、資源についても、海洋研究開発機構は房総沖350kmに
豊富なレアメタルなども推測されるそうです。
また都市鉱山も世界一と言われています。

持続可能な循環型社会をもう一度、手にするのは、また日本であってほしいですね。
循環型社会250年以上続いた味気のある江戸時代も見習っていきたいですね。

環境記事、2016年国内10大ニュース、和解の力、少子高齢化、COP22報告会、古いが新しい。

さて、2016年もいよいよ今日で最後です。
読売新聞の日本10大ニュースでは以下が上がっています。

1、熊本地震、死者50人
 2度の地震は、実体験もお聞きし恐ろしいものでした。
2、小池百合子都知事、都庁、築地から豊洲移転問題、東京五輪見直し
3、リオ五輪メダル41個日本人史上最高
4、天皇陛下、退位のご意向示唆
5、米大統領広島訪問
6、ノーベル生理学・医学賞に大隅氏
  オートファジーで細胞のリサイクル、
  日本人自然科学分野3年連続受賞で
  自ら山形県の日本酒を持参でストックホルム授賞式へ
  酒の酵母から多くを学ばれました。
7、北海道新幹線が開業
8、相良市施設19人殺害
9、18歳選挙
10、ポケモンGO日本配信

どれも色々激動な一年になりましたが
この中には間に合わなかったかもしれませんが
安倍総理大臣真珠湾訪慰霊し、和解の力を世界に示し、
演説したのも凄く大きなニュースだと思います。
お互いが訪れて理解し合い、抱き合う姿は、世界平和への縮図だと思いました。

アメリカ先住民が使っていたトーキングスティックというものがあるのですが
日本語で言えば発言権棒といった感じでしょうか。
ディスカッション等に使われ、これはそのトーキングスティックと言う棒を
持った者しか発言できず、言いたいことをまず言います。
他の方は口を、はさむことはできません。
全て話したところで、次の相手にトーキングスティックを渡し、
今度はその人が発言権を得て話します。
こうディスカッションしていくうちに、解決策
(第三案、中道とも言う)が見えてくるもので、
和解の力とはそういった事だと思っています。
ある意味、どんな武器よりも強く、人類最高の発明棒なのかもしれません。

さて、最近も異常な気温が続いたりしています。
panelimg1_20161231175250ba7.jpg
12/21日の地点で日本の平均気温、1898年から統計開始以来
平年0.88度上回りました。
世界の年平均気温も平年0.46度上回り、3年連続更新で、
エルニーニョの影響とされています。
逆に東京都心では11月として54年ぶりに早い初雪が観測されたり、
北海道では大雪、5日間でロードサービスの依頼は
昨年の4.4倍で異常な気候が続いています。


猛暑でトラフグ1.7倍、春菊等野菜も卸値過去最高値、
大雨や日照不足が続き、北海道は台風で畑が冠水したりし、
ジャガイモやニンジン2倍のコスト、レタス、キャベツは2~3倍、
カズノコ昨年より2倍、イクラ、レンコン1割高など。
更にそんな中にも関わらず、05年と比べ農家数24%減っています。
また農家の平均年齢15年は67歳で、背景には
日本の少子高齢化問題という環境問題も影響しているのでしょう。


・北京、大気汚染でPM2.5で初赤色警報、車のナンバー。
 奇数偶数かで通行禁止、5日間予定。
・来年は年男ですがトリインフルエンザも流行っています・・・
・阪大で、PM2.5や黄砂でアレルギー促進で症状続くという研究結果。
・温室効果数百~数万倍の代替フロン回収2015は22%進まず。
・環境省、経産省が発表した小型家電のリサイクルは一割。
・世界貿易機関(WTO)エコ製品の関税を撤廃する。
 環境物品協定、各国の対立があり、頓挫の恐れ。
・原油高で食品容器やガソリン、1L6-9円上昇。
・11月上旬比から灯油1L9-10円上昇、
 ポリエチレン、ポリプロピレン、大手メーカー1K18-21円高
 食品容器等にも使われるポリスチレン大手メーカー1k7-10円高。

などなど色々、影響等がありますが、
じょじょに世界でも環境を重視した動きが活発に見えてきました。

・ポルトガルの元首相グテレスが国連事務総長、
 就任宣誓、国連は変わらなければならない。
・メキシコのカンクンでCOP13(生物多様性条約)愛知目標を目指す。
・グーグルは2017を目標に再生エネ100%目標。
・石炭消費、欧米で急減しています。
 国際エネルギー機構(IEA)ではこの15年で欧州と北米を合わせた
 シェアは世界の半分から1/4に減り、天然ガスや、再生エネルギーにシフトされ、
 更にカナダでは2030年までに石炭火力閉鎖。オランダは石炭発電所5基閉鎖、
 フィンランドは石炭起源のエネルギー使用禁止、
 英国は25年までに国内12の石炭火力閉鎖、
 デンマーク、オーストラリアも脱石炭。

更に米国ではトランプ次期大統領助言組織、
大統領戦略政策フォーラムで、Appleのティム・クックCEO、
Oracleのサフラ・カッツCEO、テスラのイーロン・マスクCEO、
Microsoftのサティア・ナデラ氏、Facebookのシェリル・サンドバーグCOO、
Alphabetのラリー・ペイジCEO、Amazon.comのジェフ・ベゾスCEO、
Microsoftのブラッド・スミス上級副社長、ライドシェアの大手
ウーバーテクノロジーのトラビスカラニックCEO、
ペプシコのインドラニューイCEOなどの経済界のトップが
集まった組織を作り上げました。

また、マイクロソフトのビルゲイツ氏と、
次期大統領トランプ氏と巨額投資の約束した
ソフトバンクグループ社長の孫正義が、
有名な投資家や経営者20人がエネルギー分野に特化した
総額10億ドルのベンチャーキャピタル、ブレークスルーエナジーベンチャーズを
ビルゲイツが会長に主任し、ファンドを立ち上げました。
アマゾンやアリババ集団なども出資しています。
今後、どんな展開になるのでしょう。

panelimg2_20161231180745d08.jpg
一方日本ではCOP10で生態系と生物多様性の経済学を報告した
旭硝子財団のブループラネット賞を受賞した国連環境計画(UNEP)親善大使
パパン・シュクデフ氏は、日本人は自然を尊重しているが企業や政府は
自然を見失っている傾向があると言われています。

パリ協定批准遅れ、化石賞受賞、石炭火力促進など、
日本には気候変動に対して政府の積極性が感じられませんでしたが、
企業や個人が動き出し、政府も動いてきているような気もします。

・日本国連加盟60年12/18、世界の大学生、神戸外国語大学で
 模擬国連世界大会で開催された。
・経産省、国内削減を海外へ輸出、星マーク等でホテル省エネ格付け、
 不十分なら罰則。
・環境省はCO2温暖化ガス排出量、速報値14年度比3%減で2年連続CO2減。
・石油を使わない木クズで発熱するペレットストーブが流行っています。
・京大温泉使わず地熱、神戸は超小型水力発電。
・女子高生が熱や干ばつに強いアフリカネリカ米を栽培しアフリカに贈る挑戦。
・神戸、スタバ、近代でコーヒーの豆かすを植物由来の
 固形燃料バイオコークス実証実験共同開始。
・「されど」というブランド名で、奈良の一工場がわたから綿糸を紡ぐ際に
 捨てられていた「落ちわた」を100%使ったリサイクルコットン販売、
 「糸」を「売」るで続けるという漢字で続けていきたいと。
・昭和シェル、人口光合成でCO2からメタンを直接作る技術開発、
 変換効率メタン0.61%、エチレンは0.1%。
・日航は、2020年を目標に古着から航空機燃料、
 また生ごみを使った燃料開発も行っている。
・三井住友海上保険はNASAと提携し、気候変動保険を世界で販売する。
・環境関係展示会のエコプロ2016開催。
・ソーラーフロンティア、曲がる太陽光パネル。
・日立造船、環境、エネ分野でラオス政府と提携。
・環境負荷の少ないバイオ燃料等を活用した発電所の建設や運営。
・トヨタEV本格開発スタート。
・下水汚泥からエネルギー。
・パナ、テスラ提携太陽光。
・北極海、冬観測強化で日本、北米の大雪、寒波、予測精度UP。
・アサヒ東欧のビール事業買収。
・地方自治体も遊休資産を活用する空き時間ビジネス、
 シェアリングエコノミーが流行っていて、家事のお手伝い、
 子育て、講師やデザイナーなどの空き時間に派遣し、
 市民や企業セミナー講師の募集まで行っています。
・空き駐車場や会議室、スペース等の提供も行われ
 国交省やパーク24は公道にも国内初のカーシェア拠点、
 (一人乗り電気自動車)、フランス、パリでは
 既に4000台のカーシェア拠点あるそうです。
 またレジャーにも二輪、ゴルフ用品、登山用品までもレンタルされ、
 これも一種のエコ活用ですね。
・スウェーデン、デンマークから生まれたコレクティブハウス、
 元総社コモンズ、多機能公社賃貸住宅と言う血の繋がっていない
 住人がまるで大家族のように、共有スペース等で一緒に
 夕食や家事がおこなわれてたりもするそうです。
・大衆酒場にも若者や女性が集まり、孤立していく社会の中、
 提携など世間と何か繋がりを求めているような、そんな動きがあります。

さて、食の部分で少し話したことなのですが
気候問題以外にも日本には少子高齢化という環境問題もあります。
2016年に生まれた子供が、ついに100万人割れで10年連続減です。

一つご紹介しておきたい記事です。
鹿児島徳之島の南にある、伊仙町、人口6900人、
出生率2.8で全国一位、また100歳以上の人口も全国上位で、
子育て&長寿を両立している町があります。
どうしてそんな事ができているのか。

2012年、年5千~36万円支給されていた敬老年金の廃止、
対象者をグッと絞った敬老祝い金にし、
浮いたお金は子育て支援に回すという方法を取っています。
発案者は70歳代の浜口エイ子さん、町にお金がないなら、
私たちのお金はいい、孫たちに使ってほしい、敬老祝い金に衣替えをした
数か月後に病気でに亡くなられましたが、相当な信頼されてた方なのでしょう。

この町の文化では「子は宝」、小学校の入学祝いでは1人の子どもの為に
住人100人が駆けつけ、学校の運動会では自分の子や孫が
居なくても近所の大人が応援に来る。
その町の保育園に、この記事の記者40代の方が訪れてみると
4~5人の子供が無垢な笑顔を見せながら「遊ぼう!」と駆け寄ってきたそうです。
子どもも大人を信用している、そんな空気を感じたそうです。
全国でこういった和を是非広げていきたいですね。

子ども食堂も定着していき、大阪市では子ども食堂で、
学生派遣し、学習支援をしたりなども行われていています。
18歳選挙も始まりましたので、ドンドン子供も若者も増やせる環境を、
作っていきたいですね。

さて、資源新報と言う業界新聞にて、現在、行っている
「回収の和をひろげよう!」の紹介をしていただきました。
http://www.naruoya.com/KAISHU.html
これを少しのキッカケでもいいので孤立していく社会の中、
こういった人との和、輪、環、話「おおきに!ありがとう!ごちそうさま!」を
ドンドン広げて行けたらと思います。
2_20161231180909077.jpg
現在は、新しいものが増えすぎて、今一度、環境の事も考え、
昔も思い出し、その中で総合的に本当にイイモノを見つけていく、
そんな時代が到来してきている成熟の時代になっていっていくようにも思います。
古いが新しいとは、そういう事のような気もします。


さて、前回のブログでお伝えしたようにCOP22に参加された方、
高村ゆかり氏や著名人の方々の報告会やセミナーが
エル大阪であり、行って来ました。
1_2016123117543793e.jpg
知り合いの環境系活動の方々もたくさん参加され、
実際にCOP22で話されたことなど、細かな説明等もしていただいて
とても貴重なセミナーを受けることができました。
質問コーナーなどもあり、こちらもセミナー終了後、色々お話させていただきました。
この記事でもご紹介しているように、再生エネルギーへの変換スピードも早く
今まさに地球と人類共生の世界を目指して社会の環境活動が活発です。
この波に乗り、2017年も色々活動していきたいと思います。

それでは良いお年をお迎えください^^

環境記事、Rびん大会まつりDEリユース、ハルカス芸大卒業生作品展協力、ワイン祭りでリユースびん、持続可能な経済の可能性。

今年1月~9月の地点で世界平均気温がまた史上最高の昨年の
14.76℃を超え、産業革命前の水準より、1.2℃高い14.88℃の公算だそうです。
これから先は例年より寒い日も続いていて、異常気象化しています。

池上彰さんの番組でも言われていましたが、
シベリアでは永久凍土、地下などの氷の融解で寒冷地の建物や木が
傾いたりしているそうです。
また、氷の融解で地下に閉じ込められているCO2の25倍の温室効果の
メタンが発生したり、また爆発したりでクレーター(大穴)ができたりもし、
その過去の地層から炭疽菌が発生したとも考えられ、感染し、死者も出ています。
また未知のウイルス発生なども考えられるそうです。
シベリアから日本に来る渡り鳥から
鳥インフル(人間には感染しない)と言うニュースもありました。
panelimg2_20161130204852a1e.jpg
今月行われたモロッコ、マラケシュCOP22
(国連気候変動枠組条約第22回締約国会議)では干ばつや自然災害により
世界で年2600万人が貧困状態に陥り、56兆円の経済損失が
生じるとする報告書が出されました。

また国土が失われそうなツバルや島嶼国(とうしょこく)では
早期のパリ協定詳細なルール作りを求めていましたが
結局、先進国は2018年に詳細ルールを決め、
島嶼国も配慮し、17年に進捗状況を確認するとなりましたが
パリ協定目標の今世紀末までに1.5度未満を目指し、2度以内の目標ですが
今年の地球の平均気温は産業革命前の水準より1.2℃高い
14.88℃の公算だそうですが1.5度未満まであと、0.3度ですよね?
大きな気候変動が無い限り、18年まで持つとは今のところ考え難いです。

また、注目された米大統領選での結果は驚くものがありましたが
次期大統領は勝利宣言から柔軟な姿勢を見せていて、
パリ協定拒否の姿勢から「気候変動と戦う持続的な地球規模の取り組みは
これからも続く」とし、「温暖化対策は全ての国の緊急の責務に加え、
予断を持たず注意深く見ている」と言っています。
気候変動対策は、むしろ政策等以前に倫理的、道徳的な問題だと思います。

そして日本がようやくパリ協定批准を11/4に行いました。
環境相は温暖化と持続可能な発展で日本は中心的な役割を
果たしていくと述べ、首相は主導的役割をしていくと言いながら
海外からはパリ協定批准遅れ等に対し冷ややかです。

ドイツのNGOのジャーマンウォッチが各国地球温暖化対策ランキングで
日本はCO2を多く発生させる石炭火力も推進されている影響もあり
昨年より更に2つランクが下がってワースト2の落第評価、
温暖化対策ランキングの1位から3位は昨年と同じで
ランク回答国無しとなっています。

更に世界環境保護団体で組織する気候行動ネットワークでは日本は
温暖化対策「妨げているで賞」の化石賞のお墨付きももらっています。
環境相は「覚悟していた」と苦笑い、こんな事でいいのでしょうか?
批准も遅れ、憤りを感じるを得ずに得ません。
panelimg3_201611302049272b5.jpg
しかし、COP22では見本市も行われ日本企業には熱い視線だそうです。
JAXA での地球上のCO2見える化する衛星いぶきの活用を促しています。
いぶきは地球全体のCO2やメタンの排出を100km四方ごとに測定することができ、
大きな視線を浴びています。
この衛星いぶきと世界中と連携しながらデータを提供し、
この国のCO2、メタンは多い、少ないなど 、色々活用していただきたいです。
また後継機も現在開発されているそうですので期待したいところです。
実測データの共有なので、これで各国のなんちゃって削減は通用しません。
是非、世界中と連携し、地球中に活用していただきたいです。

地球異常気象化で衣食住に悪影響を与えています。

・衣
今年の冬は西日本は気温が高く衣料品も不振。
逆に北海道や九州は気温は平年より低い。

・食
給食の野菜が高騰、一時給食中止まで出たそうです。
ホウレンソウは日照がなく2割収穫少なく8割高、レタスは昨年から4割高、
台風の影響で北海道産のニンジンは1年前の2.7倍高騰、
食材を小さめにしたり、入れ替えも行われているそうですが
大切な教育の場の中、食にも影響が出てしまっていいのでしょうか。

他にも食材が危機にさらされています。
兵庫西部でのシャコ水揚げは20年前と比べ5%。
サンマは3割減、サケの水揚げは3割減、
それに伴いサケからできるイクラも前年同月15%減。

・住
災害も多く、都市部の霧、1931-40は年間発生、大阪35回、京都は80.6回
2004-2013は大阪0.8回、京都は0回に、各地でも一年に一回あるかないかに。
仕事で配達をしていて、最近確かに霧は以前ほど見ないです。
原因はヒートアイランド現象と言われています。

温暖化と言いながら今月大阪8.2℃冷え込み64中33地点今季最低気温。
また東京では1875年以降初めて11月に積雪。
横浜、甲府両市で54年ぶりの降雪となってます。

400種類のサンゴが生息する沖縄最大の石西礁湖(せきせいしょうこ)のサンゴが
現在97%が白化し、内56%のサンゴが死滅、死滅したサンゴには藻が繁殖し、
暗褐色になっていっています。
サンゴが死滅すると共生していた魚も寄り付かなくなり漁獲量も減り、
漁業にとっては死活問題になります。
現在、今年6月-8月石垣島周辺では観測史上最高の海水温30.1度を
記録しているそうです。
サンゴは海水温が30度を超えると白化が進行し、
この状態が一カ月すると死滅します。

これの対策に少しでもという事で3935プロジェクトと言うのが始まりました。
5000本のサンゴを養殖、また全国の観光地から訪れる
190人ものダイバーにも協力してもらいサンゴの一部を切除し、
別の場所へ移設する計画も進んでいるそうです。
クラウドファウンディングも行っているそうです。

また、色々頑張っている企業や団体や
消費者の考え方もよりエコに!と変わってきました。

世界では
・フェイスブック、温暖化の影響を仮想現実(VR)見える化アプリ開発中。
・レゴは、将来石油使わない素材切り替え予定。
・ニューヨークでクーパーヒューイットスミソニアンデザインミュージアムでは
 糸くず等の廃品をデザインする展覧会も開かれ、廃棄物を出さない
 日本の絹産業の工夫も伝えられています。

日本では
・古いモノが新しいとなり、若者が熱中、DJレコード、ターンテーブル、
 かき氷器の昭和レトロなきょろちゃんや写ルンですが売れています。
 懐かしいですね^^
・服、小もの、スタイリストが選ぶ定額制のレンタルもあり、レンタル業界盛況。
・民泊の車版の個人間カーシェアリングが都市部で人気。
・新古車(未使用車)も人気で軽中古車の1割は新古車。
・中古ブランド品、コメ兵関西最大店来年2月オープン。
・積極的な環境企業グループ作り。
・紙、プラ代替素材ライメックス。
・清水建設は家庭用燃料電池や太陽光パネル、
 自社開発した断熱の複層ガラスなどを上げ20年代前半に、
 オフィス、自動車運輸部門、再生可能な再生エネ100%目標としています。
 またベトナム枯葉剤無害化技術も成功し、これからの清水建設の動きが楽しみです。
・山梨県でワインびんのリユース(使い捨てではない何度も洗って使うエコな瓶に)。
・高校化学グランドコンテスト、太陽電池の出力効率を上げたり、
 人口光合成では通常目には見えない紫外線で作り出すのですが、
 可視光を使って、人口光合成でギ酸生成!?
・トヨタは大型トラックに燃料電池車。
・環境省、CO2の温室効果の何万倍もあるフロン類などの回収強化。
 またCO2に値段をつけて温暖化ガスを削減するカーボンプライシング、
 炭素税(カーボン税)の導入が考えられています。
 パリ協定の批准が遅れ、海外からは冷ややかな環境相の評価ですが、
 ここは是非、実現してほしいです。
・JCOMでは2020までにトラック便を削減しCO2を2割減。
・苗木など、どんぐりを交換し緑化に貢献する25年続いているどんぐり銀行が全国に。
・日中省エネルギー環境総合フォーラムで、日本は高い技術力が期待されています。
・日本の南極観測隊が60年ぶりに、オーストラリアにある南極観測船しらせで出港し
 12月末に昭和基地に到着するそうです。
 南極の海氷は100年の日誌から当時と大きさはほとんど変わっていないと
 言う記事もありますが、どういった影響があるかなど、実態を知りたいです。
・日本は世界の都市総合ランキングで環境なども入り、パリを抜いて第3位に、
 http://mori-m-foundation.or.jp/ius/gpci/index.shtml
・堀場製作所はインド西部に排ガスやエンジン性能を
 測定する環境対応のセンター拠点を作る。
・世界30カ国の高校生が高知県に集い、地震や津波への
 防災対策高校生サミットがあり、世界へ防災発信、
 大阪に津波の施設もありますので是非立ち寄っていただきたいです。

このように日本の消費者や企業はエコ分野に対して勝機、商機があり、
地熱やゴミ焼却発電、エネルギー消費0住宅やビルなども期待されています。

日本は江戸時代には250年以上も完全循環型社会が
人々の協力によって実現されていて、モッタイナイ文化もあり、
その日本が現在ではできないはずがないと思います。

2016年のコスモス国際賞を受賞した東京大学の岩槻名誉教授は
「自然との共生世界へ発信を」と言っています。

パリ協定は 経済負担?という方がほとんどですが、
持続可能な循環型経済が実現し、輸出もできたらどうでしょう。

今、必要なのは和だと思います。
一企業、個人が利益を優先すれば、それは他の企業や個人は
不利益になってしまいます。
目指すべき完全循環型社会は、全企業、全個人が平等に協力し、
同時に得をしなければ循環の輪ができないです。
売り手良し、買い手良し、世間良しの三方(さんぼう)良し
これが循環型社会への唯一の道だと思います。

日本は後先を考えないバラマキや使い捨ては直ちにやめ、
循環型社会(地球環境解決策)を実現し、
国に合わせて工夫し、海外にも輸出すればいいと思います。
ハイコストのハイテクエコ機械よりも、
案外、工夫すればローテクこそエコともいえるモノもあるでしょう。
情報発信は江戸時代とは違い、ネットが普及したこの時代では
イイものをあっという間に広げる事もできます。
三方良しは、人々の意識を変え、雇用を生み、持続可能な為、
何よりも温暖化問題が解決する為の人類と地球が共生する最後の挑戦だと思います。
また持続可能な為、国益等も永遠に続いていくのではないでしょうか。
スゴイチャンスだと自分は思っています。
panelimg1_20161129224028452.jpg
さて、11/3(木祝)の文化の日では、
京都国際交流会館(kokoka)オープンデーと言うものがあり、
MJ関西としてステージ参加させていただきました。
そのイベントにはリユース食器が使われていて回収拠点があり、
今、京都中のイベント等に広がっているそうです。

また、11/12(土)は、毎年Rびんプロジェクトとして行っているRびん大会
まつり de リユースが、みどり公社のご協力で中之島の中央公会堂で行われました。
リユースびん飲料の茶々も販売もされ、京都祇園祭や京都全般のイベントでの
11/3でも使われていたリユース食器化によるゴミ減量報告と、
来年の天神祭りに向けての大阪産業大学教授や、
団体リーダー、ボランティアを体験した学生による
天神祭りでのごみ調べ隊による報告など、大変勉強になりました。

大阪では笑いがあれば伝わるものがある事と
使い捨ての飲食容器のゴミの割合が多い中
リユース食器の返却時の「ごちそうさま、ありがとう!」を
取り戻すと言う言葉が印象に残りました。

20年ぶりの高校時代の恩師もたまたま
こういった関西町づくりに携わった方ともお会いできました。

11/19(土)たまたま、ほぼ同年代の同じ大阪芸大卒の方が
弊社とコンタクトがあり、阿倍野ハルカス24Fの芸大スカイキャンパスの
作品展素材の協力をさせていただき、行って来ました。
久しぶりの大阪芸大芸術作品に触れることができました。

11/20(日)大阪柏原のカタシモワイナリーさんと地域一丸のイベント、
おもろいやん!カタシモワイン祭り2016にRびんプロジェクトブースを出展し、
リユース瓶入り飲料の販売を行いました。
デポジット(瓶飲料150円、瓶返却で20円お返し)も
行っていましたので瓶返却時の再来客、
返しの市場の大きさも、繋がりがまた繋がり、計り知れない事がわかりました。
共通して言われることは、やはりガラス瓶で飲む飲料は美味しいでした。
イベントも大変楽しめ、仕事のお取引先繋がりやバイク繋がりもありました^^

来月は、COP22にも参加された名古屋大大学院教授の高村ゆかりさんが
北浜のエル大阪で「COP22の成果と課題」、「再生エネルギー事業の可能性」、
「パリ協定と市民、行政、企業の役割」をテーマに著名人が集まる
セミナーに参加させていただく予定です。
直接、世界のCOP22に参加された方の話を聴けるのは大変貴重だと思います。
http://osaka-midori.jp/ondanka-c/ivent/h28/cop22houkoku.html
また報告させていただきたいと思います。

株式会社 成尾屋
http://www.naruoya.com/
プロフィール

Naruoya

Author:Naruoya
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード